天然のいけす富山湾を知る

どうしてこんなにおいしいの?

富山湾が「天然のいけす」といわれるワケは、特異な地形にあります。沿岸から急激に深くなっていて、海底には多くの谷が入り組んだ、いわゆる「藍(あい)がめ」といわれる海底谷があり、そこが魚介類の格好の住処になっているのです。また、3,000m級の立山連峰から流れる水が豊富な栄養分を運んでくるので、生き物たちがふくよかに育ちます。しかも、漁場から港までの距離が近く、まさにイケスから魚をすくうがごとく鮮度が落ちる間もなく運べる。これが富山の魚がおいしい秘密なのです!

富山湾だけのごちそう ~富山湾の神秘・宝石~

富山湾は、暖流と寒流が流れ込み、日本海に生息する800種類の魚介類のうち500種類がすむといわれ、多種多彩な魚がとれる水産資源の宝庫です。なかでもシロエビ、ホタルイカは富山湾ならではのごちそう。透明で美しいシロエビは『富山湾の宝石』といわれ、刺身で味わう上品な甘味は絶品。郷土料理の昆布〆にしたものも人気です。また、素干しやかき揚げにして食べたり、出汁を取っても上品な味が引き出せるとあって大人気です。富山の春の味覚を代表する『富山湾の神秘』ホタルイカは、新鮮なものを茹でて酢みそ和えで食べてみてください。定番ですがやっぱりコレが一番!と地元でも大人気です。また、しゃぶしゃぶ感覚でさっと湯通ししてしょうが醤油で味わうのもおすすめ。ぷりっとした身から特有の旨味があるワタの汁がじわっと口に広がり、格別のおいしさです。足だけを刺身にした「竜宮そうめん」も、地元ならではの味です。これを食べるために春の富山に足を運ぶ、という観光客が大勢いるのも納得の味、それがホタルイカなのです。

天然の生け簀 キトキト(新鮮)の海の幸

富山湾の幸の代表格は、なんといっても全国に名をはせる「ブリ」。なかでも脂がのって身が引き締まった氷見の「寒ブリ」は、最高級のブランドです。ブリは成長するに従い「コヅクラ」「フクラギ」「ガンド」などと呼び名が変わり、重さ10kg前後になって初めて「ブリ」と呼ばれる出世魚。縁起物として古くから重宝されてきました。富山では、深海にすむ「紅ズワイガニ」や「甘エビ」も短時間で港に運ぶことができます。茹でると鮮やかな紅色に染まる「紅ズワイガニ」は、みずみずしく旨みたっぷり。濃厚なミソの味がたまりません。また、鮮度抜群の「甘エビ」は、刺身などでプリプリ感と深い甘みを楽しめます。こんな、四季を通して絶品の富山湾の幸と、肥沃な土地で豊富な名水によって育てられた県産米で握るのが「富山湾鮨」です。参加店は約60店舗。季節ごとに富山ならではの極上寿司を用意して、訪れた人をもてなしてくれています。

ここで買えます!味わえます!

富山のおいしいお魚。おみやげにしたい!買って帰りたい!そんな人におすすめスポット。氷見で鮮魚や海産品を買うなら氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」。漁師小屋をイメージした施設にお店がずらり。温泉もあって楽しめます。射水市では国道8号そばの「カモンパーク新湊」や「海王丸パーク」に隣接し鮮魚をそろえる「新湊きっときと市場」。便利な立地とあって大量におみやげを買う観光客の笑顔が絶えません。県東部では、魚津港近くの「海の駅・蜃気楼」。その場で新鮮な魚を食べたい人には浜焼きも楽しめるとあって観光客には大評判です。さらに黒部市の「魚の駅・生地(いくじ)」。地元特産の一夜干しなどおいしい味が盛りだくさん。富山県内、おいしいお魚を求めてあちこち巡って、とびっきり新鮮で多彩な味をぜひ旅の思い出といっしょにおみやげにしてみてください。