温泉天国!名湯秘湯味覚で癒やす

宇奈月温泉で“つべつべ”お肌に

黒部峡谷に抱かれた宇奈月温泉は県内随一の温泉地で、トロッコ電車で知られる黒部峡谷鉄道の玄関口です。新緑の輝き、夏の涼風、秋の紅葉、冬の雪景色を感じながら湯につかる醍醐味は、大自然の懐深い土地ならではの風情です。透明度と豊富な湯量を誇るお湯は、つべつべ(※)美肌の湯として有名。温泉街には足湯や美術館、おいしい温泉スイーツもたくさんあり、のんびり散策するのもおすすめです。山に抱かれた温泉街ですが、富山湾はすぐそこ。宿では新鮮なお刺身をはじめ、絶品の海の幸が楽しめます。名水に育まれた山の幸や地酒ももちろん一緒に堪能できて、至極のひとときが過ごせること間違いなし!お湯よし、味よし、眺めよしの温泉です。
※つべつべ・・・富山の方言で、すべすべ、つるつる、という意味。

絶品!海の幸と氷見温泉郷

海沿いを中心に、ホテルや旅館、民宿が点在する氷見温泉郷。天然温泉はもちろん、天然のいけすといわれる富山湾で水揚げされる海の幸を心ゆくまで満喫できます。氷見漁港は、日本一といわれる冬の寒ブリで有名ですが、一年を通して多彩な魚介類を届けてくれ、宿では季節に合わせて様々な料理で観光客をおもてなししています。もちろん、海の味ばかりでなく、氷見牛や野山の幸も抜群。また、名水に恵まれた地元の酒蔵が醸す銘酒も、地元の食材にはぴったり。海を眺めて湯につかり、地元の味と酒に癒されるひとときに、身も心も大満足です。

超絶景!秘湯中の秘湯

温泉天国、富山には風情と野趣あふれる温泉がいっぱい。たとえば人里離れた温泉として有名なのは、船でしか行けない秘境の一軒宿大牧温泉。交通手段は、小牧ダムからの庄川遊覧船だけ。まさに隠れ宿です。大牧温泉から庄川を下った先には、川沿いに軒を連ねる庄川温泉郷があります。一方、野趣満点といえるのが、黒部峡谷鉄道沿いの温泉。黒薙、鐘釣、名剣、祖母谷など、険しい峡谷のなかをトロッコ電車に揺られて進むと、秘湯の宿や大露天風呂が点在しています。渓流に溶け込むように湯につかれば、大自然に癒される贅沢な気分を味わえます。

ちょっとリッチな隠れ宿

時にはリッチな気分を味わいたい、そんな人におすすめの宿も富山県にはいっぱい。神通峡のほとりに立つ「リバーリトリート雅樂倶(がらく)」は、25の客室すべてが異なる趣でゆったりと時間を過ごせる隠れ宿。和、洋の食もハイレベルです。庄川温泉郷の「三楽園」では本格エステや庄川ビオファンゴ(温泉泥)で、美と健康のケアを。南砺市にある里山のオーベルジュ「薪の音(まきのおと)」は、1日3組限定で、行き届いたおもてなしとフレンチ料理が堪能できます。