ロカルちゃ! 富山

マニアックに遊ぶディープな富山情報誌

立山黒部の厳しい自然に挑む

  1. ロカルちゃ!富山 HOME
  2. Vol.13 土木構造物編
  3. 立山黒部の厳しい自然に挑む

戦後の電力不足を解消するために、どうしても必要だった水力発電ダムの建設。資材を運ぶためにトロッコ鉄道が敷かれ、登山者以外は立ち入らない秘境へと進んでいきました。それはまさに人智を超えた自然との闘いでした。

黒部ダム【くろべだむ】

大迫力、日本一の巨大水力発電ダム

約7年の歳月をかけた世紀の大工事により昭和38年に完成。岩盤が強固でないと建設できないアーチ式のダムで、高さは日本一の186mです。貯水量約2億㎥と、大量の水を蓄えておくことが可能で、毎年6~10月には大迫力の観光放水が見られます。

地図中新川郡立山町

貯水量はタンカ1,000隻分!観光放水は毎秒15m3ながやちゃ!
黒部ダム
写真提供:関西電力(株)

アーチ式ダム

貯水の圧力を両岸の山で受け止める方式。
重力式に比べダムの体積が小さくなる為、コンクリート量や工期短縮の面でも経済的です。

アーチ式ダム

黒部ルート見学会

黒部ルート見学公募委員会は水力発電への理解を深める目的で、欅平~黒部ダムまでの黒部ルート見学会を開催。一般には公開されていない工事用の乗り物を乗り継ぎ、施設の説明を聞きながら進む人気の見学会です。

詳細は「黒部ルート見学会」で検索
上部専用鉄道
写真提供:関西電力(株)
上部専用鉄道

黒部川第四発電所駅から竪坑上部駅までの6.5kmを運行。天井がとても低くなっています。


黒部ルート断面図

宇奈月ダム【うなづきだむ】

排砂設備付きの多目的ダム

高さ97mの重力式コンクリートダム。黒部川の洪水調節や水道水の供給、発電を行っており、排砂ゲートをはじめ複雑なゲート群を備えています。

情報資料館「大夢来館(だむこんかん)」にも行かんまいけ。
宇奈月ダム

地図黒部市宇奈月町舟見明日音沢

▲PAGE TOPへ

黒部峡谷鉄道の越冬

雪崩に備えて線路をはずして冬支度

黒部峡谷鉄道では厳しい冬の間、雪崩から機材を守るためレールや枕木、橋桁を撤去して、トンネルに収納、扉をして保管します。

黒部峡谷鉄道の越冬
写真提供:黒部峡谷鉄道(株)

地図黒部市宇奈月町黒部奥山鐘釣

美女平天空ロード【びじょだいらてんくうろーど】

標高差1,500mの山岳観光道路

立山有料道路の美女平~室堂間の愛称。名物の雪の大谷の除雪は3月下旬から「立山熊翁(くまおう)」、「立山熊太郎」等の除雪車を使い4月上旬まで行われます。営業期間は4~11月(マイカー乗入不可)。

地図中新川郡立山町美女平~
中新川郡立山町室堂

美女平天空ロード
雪の大谷除雪作業の様子
雪の大谷除雪作業の様子
ロータリー除雪車「立山熊太郎」
ロータリー除雪車「立山熊太郎」

▲PAGE TOPへ

関西電力新北陸幹線 烏帽子型鉄塔群【かんさいでんりょくしんほくりくかんせん えぼしがたてっとうぐん】

ネコ?オニ?不思議な形がずらり

1回線3本の送電線を抱え、Y字の先端である架空地線2本で守っています。黒部川の水力でつくられた電気が関西へ送られています。

地図滑川市赤浜

烏帽子型鉄塔群

土木の歴史(大正の発電)

大久保発電所の様子
大久保発電所の様子

電源王国の誕生

明治32年、北陸初の水力発電所として富山電燈株式会社が大久保発電所を建設。その後、大正13年に初めて県営の水力発電所として上滝・松ノ木・中地山の3発電所が運転を開始。附帯事業として鉄道も敷設され、産業基盤に大きく貢献しました。

大正初期、富山市内を走るチンチン電車
大正初期、富山市内を走るチンチン電車

北陸初の市内電車登場

大正2年、北陸本線が全線開通した年、県主催の共進会が開催されました。その初日である9月1日、富山市内を初めて路面電車が走りました。富山電気軌道株式会社によるもので、同じ頃各地で私鉄も開業。富山県の都市化と工業化を促してきました。




▲PAGE TOPへ