• HOME
  •  ねまるちゃ[春号]トップ
  • ねまるちゃ[春号]トップ
  • 頭上高くそびえる雪の壁と青空のコントラストが圧巻
  • 見渡せばあたり一面花の春に酔う
  • 深海から目覚める神秘の光
  • ねまるちゃとは?

雪の大谷

黒部峡谷トロッコ電車

チューリップ四季彩館

光と花と雪の競演 春が躍る富山へ

いよいよ富山に春がやってきます。雪解けを待ちかねたように花々が開き、春の魚も獲れ始めます。季節を祝うお祭りも各地で行われ、心弾む季節の到来です。

春を迎えた富山で雄大な自然に抱かれる

 北陸新幹線開業などで観光客が増えた富山県に再び美しい春が訪れた。3,000m級の山々が連なる立山連峰では、4月16日立山黒部アルペンルートが全線開通。そびえ立つ雪壁の間を歩く「雪の大谷ウォーク」は、気軽に訪れられるスノーリゾートとして、ますます人気が上昇中。また黒部峡谷トロッコ電車も冬期の休業を終え、4月20日から運行を再開する。爽やかな風を頬に受け日本一深いV字峡を走っていると、ニホンザルやカモシカなどの野生生物に出会えることも。トロッコ電車の始発駅のある宇奈月温泉には、4月に総湯「湯めどころ宇奈月」がオープン。屋上テラスからは、温泉街はもちろん四季折々の表情が素晴らしい周辺の山々を一望できる。

ご当地グルメもお待ちかね 笑顔が花咲くスポットへ

 野に咲く花が一斉に開花し、春の富山を美しく彩る。日本有数のチューリップの産地として知られる砺波市では、今年も規模を拡大して「となみチューリップフェア」を開催する。本会場のそばにある「チューリップ四季彩館」は先端技術によって開花が管理され、1年中チューリップが鑑賞できる唯一の施設。この3月にリニューアルし、数々の展示をパワーアップ。
 そして富山旅の醍醐味は、旬を迎えた山海の幸を味わうこと。春は希少なシロエビやホタルイカが水揚げを迎えるシーズン。さらに山菜も顔を出す。鮮度抜群の味覚を多彩な料理で堪能できるのは、産地ならではの贅沢。
 今春も注目の新スポットが続々登場。とっておきの時間が待つ春の富山を、思う存分満喫しよう。

【本誌掲載内容に関するお知らせ】
春号P13に掲載している「松川茶屋de地酒&ライブ」のお問い合わせ電話番号は、正しくは076-456-5646です。またp14に掲載の国宝瑞龍寺「春のライトアップと門前市」の前売券(運営協力費)は、正しくは350円です。ご予約・お問合せの際にはご注意いただきますよう、お願い申し上げます。