• ねまるちゃ[秋号]トップ
  • 富山の美しい秋 西側
  • 富山の美しい秋 東側
  • ねまるちゃとは?

富山の美しい秋 WEST SIDE

五箇山 日本の原風景、世界遺産の里

五箇山の和紙作りを楽しく体験

五箇山 和紙の里(ごかやま わしのさと)
はがき漉き体験

 古くから五箇山の産業の軸となり、伝統技法が継承されてきた五箇山和紙。全国の和紙産地のなかでも、原料となる楮(こうぞ)の栽培から行っている場所は稀。近年は「FIVE」「SEKKA」などのプロダクトが注目を集めている。手漉き体験は、楮、ミツマタ、トロロアオイが混ざった桶から、木枠の中に原料をすくって繊維を絡ませ、美しくて丈夫な和紙を手作りできる。

所在地/南砺市東中江215 道の駅たいら TEL/0763-66-2223
営業時間/8:30~17:00(体験は9:00~16:30)
休業日/無休(年末年始休業) 駐車場/道の駅たいら駐車場
料金/手漉き和紙600円(A3·1枚、所要時間10分)、
はがき漉き600円(3枚、所要時間10分+乾燥15分) 
予約優先
交通/東海北陸自動車道 五箇山ICから車で約25分、
あいの風とやま鉄道 高岡駅、JR新高岡駅から世界遺産バス「下梨」乗り換え、
南砺市営バス「入谷口」下車すぐ

はがき漉き体験

はがき漉き体験

はがき漉き体験

1/動物や合掌造り、ささらの中から、好きな形の和紙を選んで。
2/前後左右に木枠を動かして、楮の繊維を絡ませる。
3/五箇山の旅の思い出、手作りはがきの出来上がり!!

はがき漉き体験

合掌の里でほっと一息

茶房 掌(さぼう てのひら)

 菅沼合掌造り集落の中にある喫茶店は、コーヒーを注文したお客さんが、カウンターの奥の棚に並んだカップから好きなものを選べるサービスを実施(混雑時を除く)。地元の焙煎店から仕入れた豆を丁寧にドリップし、甘味を抑えた手作りクッキーとともに提供している。

所在地/南砺市菅沼400 TEL/0763-67-3066
営業時間/10:00~17:00 ※12~3月は16:00まで 休業日/火曜
駐車場/世界遺産菅沼合掌造り集落駐車場(500円)
席/カウンター2席、テーブル18席
交通/東海北陸自動車道 五箇山ICから車で約2分、世界遺産菅沼合掌造り集落駐車場から徒歩約5分

茶房 掌

珈琲

「珈琲」(500円/税込)

高岡駅・新高岡駅と五箇山を結ぶ

世界遺産バス

 高岡、城端、五箇山と、岐阜県の白川郷を結ぶ「世界遺産バス」が、北陸新幹線新高岡駅経由で毎日運行している。ラッピングは高岡銅器の色と山里の緑をモチーフにしたグラデーション。Wi-Fi完備で移動中も便利。のどかな風景の中を走るバスに揺られ、五箇山を目指そう。

高岡⇔白川郷:1日5往復、
城端⇔白川郷:1日6往復(土·日曜、祝日は1日9往復)
料金/高岡駅前·新高岡駅⇔白川郷間フリーきっぷ大人3,500円、小人1,750円、
高岡駅前·新高岡駅⇔ささら館前間フリーきっぷ大人2,500円、小人1,250円
発売場所/加越能バス乗車券センター
(高岡駅ステーションビル クルン高岡1F待合室内)
新高岡駅観光案内所
お問い合わせ/0766-21-0950(加越能バス乗車券センター)
http://www.kaetsunou.co.jp/

世界遺産バス

MAP

庄川峡 紅葉との対比が美しい清流を湛える峡谷

心身ともにキレイになれる宿

庄川温泉郷 鳥越の宿 三楽園

 低カロリーでありながら富山の旬の海幸やお肉を使った満足度の高い料理、イタリアでは保険が適用されるほど一般的な温泉泥療法「ファンゴ」と本格的なエステサロン、そして効能の異なる2種類の温泉など、美容と健康を後押しするうれしい魅力が満載の宿。

温泉泥療法「ファンゴ」

自家源泉を濃縮した温泉泥。女性にうれしい効果が期待できる。

所在地/砺波市庄川町金屋839 TEL/0763-82-1260
交通/北陸自動車道 砺波ICから車で約15分、
JR城端線 砺波駅から送迎バス(要予約)
http://www.sanrakuen.com/

絶景庄川峡を滑るように行き来する

庄川遊覧船

温泉泥療法「ファンゴ」

所在地/砺波市庄川町小牧73-5(遊覧船乗り場)
TEL/0763-82-0220(庄川遊覧船株式会社)
運航期間/通常ダイヤ11月30日(木)まで
出航時間/第1便9:50、第2便13:20
※冬ダイヤ12月1日(金)~1月31日(水)①10:20②14:20
春ダイヤ2月1日(木)~3月31日(土)①10:20②13:50
所要時間/約25分、1名でも運航
料金/大人1,000円、子供500円
定期便以外、8名以上の申込みで希望の日時に出航可能(4日前までに予約必要)
交通/北陸新幹線 JR新高岡駅から加越能バス「小牧堰堤」下車すぐ、
北陸自動車道 砺波ICから車で約15分
http://www.shogawa-yuran.co.jp/

北陸唯一のウイスキー蒸留所

三郎丸蒸留所(さぶろうまるじょうりゅうじょ)見学

 日本酒の醸造で知られる『若鶴酒造』だが、実は1952年から敷地内にある『三郎丸蒸留所』で北陸唯一のウイスキーづくりを行う。今夏より見学可能となり、モルトの粉砕や糖化、発酵、ポットスチルで原酒ができるまでの工程を間近で眺められるようになった。小規模蒸留所で年間25樽しか生産されない希少なウイスキー。製造の様子は、五感を強く刺激する。

所在地/砺波市三郎丸208 TEL/0763-37-8159(予約センター)
営業時間/①10:00 ②13:30 ③15:15
休業日/日曜、年末年始など ※土曜は応相談(1週間前まで) 駐車場/あり
交通/北陸自動車道 砺波ICから車で約8分、JR城端線 油田駅から徒歩約1分
http://www.wakatsuru.co.jp/

三郎丸蒸留所

三郎丸蒸留所

三郎丸蒸留所

1/蒸留器のエルボー部分には高岡銅器が使われている。
2/バーボン樽やシェリー樽に貯蔵されたウイスキーが眠る。
3/モルトの粉砕は、イギリスのアランラドック社製の最新式ミルで行う。

MAP