紅ズワイガニ|プロの料理人に聞く|天然の生け簀特集

紅ズワイガニ

毎年9月に漁が解禁となる紅ズワイガニ。その名の通り赤みが強く、養分豊富な富山湾が育んだ紅ズワイガニは、育ちが良いといわれています。ズワイガニに比べ深い場所に生息し、殻はやわらかくお手頃価格で気軽に味わえます。朝水揚げされた紅ズワイガニは昼のセリにかけられ、その日のうちに味わうことができます。まさに漁場と港が近い富山ならではの贅沢です。

紅ズワイガニ
おいしさの秘密
「秋の使者」とも呼ばれる紅ズワイガニですが、よりおいしくいただけるのは冬!北陸の厳しい寒さでカニの鮮度が保たれるので、カニ刺しなどさまざまな食べ方を楽しむことができます。

プロが語る究極の逸品

カニ刺し カニ本来の味を楽しむことができるカニ刺しは、必ず食べておきたい逸品。鮮度が高いからこそ可能なこの食べ方は、店の大きな水槽で生きているカニを食べる直前にさばくので、カニ本来の甘味と旨味を存分に堪能できます。「まずはカニ刺し!」という声が多いほど、店では人気の一品だとか。
ふわりと花が咲いたような透き通るカニの身は、醤油や梅醤油でいただきます。
一緒に飲みたい富山の地酒 紅ズワイガニそのものの甘味を楽しむなら、さっぱりとした辛口のお酒が良く合います。店では富山の地酒「勝駒」と共にカニを楽しむ方が多いとか。

お話してくれた料理人

山崎 健太郎さん
割烹 かわぐち 料理人 山崎 健太郎さん
漁港からほど近い場所に位置する割烹かわぐちは、店内に大きな水槽がある鮮度が自慢のお店。経験に裏付けられた目利きでセリ落とされた魚介類を、「鮮度の良いものをお届けしたい」という料理人の熱い想いとともに、さまざまな料理で味わうことができます。地元の人はもちろん、県外からの観光客も多く訪れ、幅広い年代の方々から愛され続けている地元の名店です。
割烹 かわぐち
富山県射水市中央町19-31(万葉線新町口駅前)
TEL:0766-84-1331
営業時間:昼11:30~14:00(オーダーストップ)
     夜17:00~21:00(オーダーストップ)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
駐車場:20台(大型バス2台可)
割烹 割烹

紅ズワイガニと一緒に飲みたい富山の地酒

勝駒 勝駒
小さな蔵で醸されながらも、全国の日本酒ファンの間で名高い勝駒は、入手が次第に困難になってきた人気の銘柄。最近では富山を代表する日本酒のひとつとも言われています。上品なうま味のカニ刺しとも共鳴し合う、ほど良い吟醸香。富山の地酒らしい繊細でふくよかな味わいと、キレの良い後味は魚料理とベストマッチでしょう。香ばしい焼きガニや、濃厚な紅ズワイの蟹ミソなどと一緒でも、料理の味を引き立てつつ、その存在感を発揮できる銘酒です。

【製造】清都酒造場
ボトルに描かれたロゴは、芸術家の池田満寿夫氏によるものです。