神秘の海・富山湾
富山湾の本質を知る

類稀なる恵まれた地形 ~天然の生け簀~

行程さ4,000m! 奇跡の地形

立山連峰をはじめとした標高3,000m級の北アルプスから、一気に水深1,000mの海底に到達する富山湾は、急峻さでは世界的にも類を見ない、ダイナミックな地形の構造。この「高低差4,000m」の奇跡的な地形の海底には、海の青さが一段と濃く見えることから「藍瓶」と呼ばれる海底谷があり、ここがベニズワイガニやシロエビなどの良い棲みかになっています。

しかも、地形が急峻なために、漁場から港までの距離が近く、まさに生け簀から魚をすくうがごとく鮮度が落ちる間もなく運べます。これが富山湾の魚がおいしい秘密です。

山々から流れる、海底から湧き出る、恵みの水

北アルプスの山々に降り注ぐ雪は、雪解け水となり、清冽な水が7大河川となって、富山湾に豊富に流れ出します。急流で栄養分や酸素を多く含み、湾を循環し、豊穣な海を育む恵みの水です。

さらに、豊富な栄養分を含んだ淡水が絶えず海底から湧き出す「海底湧水」の存在も明らかになりました。立山で地中に滲みこんだ雨水が何十年も経って富山湾の海底から湧き出しており、漁師のなかには、魚がこの真水を飲みに来ているという話もあります。

関連記事:水が絶品だから旨くなる!富山の米と酒

3層構造の海水と多彩な魚類

富山湾の表層には、河川等の影響を受けた塩分の低い「沿岸表層水」があり、その下層から200~300m付近には「対馬暖流系水」が流れます。この流れに沿って暖流系の魚が富山湾にやってくる一方、水深300m以深には低温の「海洋深層水」が流れ、冷水系や深海系の魚介が生息します。日本海に分布するとされる約800種の魚のうち約500種が富山湾には生息しているといわれるほどに魚種が多彩なのには、海水の3層構造も一役買っているのかもしれません。

関連記事:期間限定!季節ごとの旬を堪能 富山の魚

富山湾鮨

「天然の生け簀」富山湾のとれたて新鮮な魚介!

冬のブリを代表に、マグロ・ホタルイカ・シロエビ・アマエビ・紅ズワイガニなど、多種多様な海の幸が一年を通して水揚げされています。 近くの漁場で取れたばかりの新鮮な魚介をご賞味あれ!

冬は必食の味覚!「富山湾の王者」ブリ

脂がのって身が引き締まった氷見の寒ブリは最高級のブランド。刺身はもちろんのこと、贅沢に味わうなら「ぶりしゃぶ」がおすすめ。アメ色に輝く「ブリ大根」もしみじみする美味しさです。

春を告げる青い光「富山湾の神秘」ホタルイカ

毎年3月~6月にかけて、夜の富山湾の波間にまたたく無数の青い光。ここへ来るホタルイカは、ほとんどが産卵期のメス。十分に成長し丸々と太っているのが特徴です。刺身や釜揚げでどうぞ。

淡く透き通る桜色が美しい「富山湾の宝石」シロエビ

漁業が成り立つほど漁獲されるのは、世界でも富山湾だけ!希少価値の高い味覚を本場で堪能したいもの。淡い桜色と濃厚で上品な甘みとは、目で愛でてよし、舌で味わってよしのすぐれものです。

魚にやさしい定置網漁法

「越中式定置網漁」は江戸時代から富山湾で続いている漁法。
「魚を傷つけない」「捕り過ぎない」などの工夫があり、環境に優しい漁法です。

定置網漁法

「4大神秘」の幻想美

海岸越しに幻の船が見えるかも?「蜃気楼」

密度の異なる大気の中で光が屈折し、対岸の景色や海上の船などが浮き上がったり逆さまに見えたりするのが「蜃気楼」。富山湾の蜃気楼発生頻度の高さは日本一!奇異な風景との出会いを求めるなら4月か5月の旅がおすすめ。

【関連記事】蜃気楼(蜃気楼展望地点)

幻想的! 闇夜に青白く浮ぶ光の帯「ホタルイカ群遊海面」

春になると何千何万ものホタルイカの大群が幻想的な青白い光の帯となって海岸付近まで押し寄せます。その美しさは海の銀河のよう。4月中旬から5月上旬頃にかけて富山湾の東沿岸部で見られ、国の特別天然記念物に指定されています。

【関連記事】国指定特別天然記念物ホタルイカ群遊海面

大きな口をあけて笑っているような「オオグチボヤ」

ホヤの仲間でありながら、まったく異なるビジュアルをした「オオグチボヤ」。クラゲのように半透明で、不思議な深海生物です。たくさんのオオグチボヤが集まるコロニーが日本近海では初めて見つかっています。

海底で発見された古代の森「魚津の埋没林」

今は海が広がっているところがかつては大地だったことを証明する埋没林が魚津で発見されています。魚津埋没林博物館(通称「ねっこランド」)の展示を見ながら、太古の世界に心をめぐらせて。

【関連記事】魚津埋没林博物館

古くから愛される景勝の地

海越しに 3,000 m級の立山連峰が眺められるのは、世界的にも例のない絶景!
日本最古の歌集「万葉集」で大伴家持に歌われるなど、古くから景勝の地として愛されてきました。
有磯海(女岩)(ありそうみ(めいわ))は松尾芭蕉の「おくのほそ道」の風景地として、国の名勝に指定されています。

海越しに望む立山連峰 高岡万葉歴史館

立山に 降り置ける雪を 常夏に見れども飽かず 神からならし

海で暮らす人々の伝統 ~祈りと祭り~

穢れや厄を流し去ろうという願い、豊漁や漁師たちの無事への祈り。
海の暮らしを彩る季節の風物詩に触れてみよう。

「魚津のたてもん祭り」

90余りの提灯を三角形につるし下げた高さ16mにもなる大柱。総重量約5トンのそり台に立てた船型の万燈を、魚津の若者たちが勢いよく曳きまわし、豊漁と漁師たちの無事を祈願します。引き手が宙に浮くほどの豪快さは圧巻!例年、8月第1金・土曜日に行われます。

【関連記事】 たてもん祭り

「滑川のネブタ流し」

紙や野菜で作ったヒトガタ(人形)を「ネブタ」と呼ばれる高さ4m程の大たいまつに飾りつけ、火をつけて海に流すもの。穢れや厄をヒトガタに託して海に流し去ろうという願いが込められています。毎年7月31日に滑川市の中川原海岸(ほたるいかミュージアム周辺)で行われます。

【関連記事】滑川のネブタ流し

開かれた港へ!日本海側総合的拠点港

伏木富山港

伏木富山港は、工業原料、エネルギー、工業品などの輸出入を担う貿易拠点。2011年に国から日本海側の「総合的拠点港」に選定され、大型クルーズ客船の寄港や国際定期コンテナ航路などが増大しています。

国際協力による海洋環境保全活動

海洋環境保全活動

NOWPAP(北西太平洋地域海行動計画)本部事務局が富山県に設立され、日本、中国、韓国、ロシアの4カ国が連携して、海辺の漂着物調査、海岸清掃、人工衛星を活用したリモートセンシングによる海洋環境調査などに取り組んでいます。富山県では、海岸漂着物対策や水質環境などに関する計画をつくり、県・市町村・民間団体・地域住民などが一体となって、富山湾の美しい環境の保全に取り組んでいます。

 
 この特集記事についてのお問い合わせ先
富山県観光・地域振興局 地方創生推進室  〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館 2F TEL:076-444-3339 FAX:076-444-5648