墓ノ木タイマツまつり はかのきたいまつまつり

大小50本ほどの竹をたばねて芯をつくり、まわりにわらをあてて縄で巻く。

今から250年ほど前、黒部川の大洪水で、中ノ口の堤防が崩れました。さっそく村人は下流の村々の応援を頼み、堤防工事を急ぎました。夜になったので墓の木神明社の前で松明を作り、夜通し堤防へ運びました。それは10月9日の夜だったので、それからは、その夜にタイマツ祭りをすることになりました。

しかし、新しい入善町が生まれてから10月13日頃に変更し、水神様に水の感謝の気持ちを捧げ、豊作と息災を祈るようになりました。水神社へは各家より初穂米が供えられます。

大松明は大小50本ほどの竹を束ねて芯をつくり、まわりに藁をあてて縄で巻きます。高さ5メートル、直径1.2メートル、重さ200キロほどあり、米つり唄に合わせて運びます。二本の大松明の前には、子供達の持つ数十本の小松明が群がり、神明社から約800メートル上流の水神社まで運びます。そこできれいに燃やし、みんなでお詣りします。
無形民俗文化財 昭和52年4月1日 指定

毎年10月第2土曜日に開催

エリア
黒部・宇奈月
カテゴリー
世界遺産・史跡・文化財 祭り・伝統行事

基本情報

住所 〒939-0632 富山県下新川郡入善町墓ノ木
電話番号(備考) 0765-72-3858
アクセス ■北陸自動車道入善スマートICから車で10分■あいの風とやま鉄道入善駅から車で20分
ホームページURL https://www.town.nyuzen.toyama.jp/gyosei/soshiki/kirakira/1/1/1705.html

イベント・観光施設が新型コロナウィルス感染症の影響で一時閉鎖・中止・延期になる場合がございます。
最新の情報につきましては、各公式ページでご確認ください。

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い鮨屋

次に読みたい特集記事