ロカルちゃ! 富山

マニアックに遊ぶディープな富山情報誌

  1. ロカルちゃ!富山 HOME
  2. Vol.6 駅・鉄道編 リターンズ
  3. 鉄道NEWS

富山の鉄道ニュース!

氷見線 開通100周年

ハットリくん列車

大正元年(1912)の9月19日開通から100周年を迎える氷見線。記念に、通常は2両編成の忍者ハットリくん列車が3両に特別編成されます。2012年9月15日には、記念セレモニーが行われ、高岡駅と氷見駅ではトークショーや物産市、記念品の販売などが行われる予定。


◀忍者ハットリくん列車

記念のヘッドマークが作られます

氷見線100周年を記念して、車両ヘッドマークやロゴマークなどが作られます。記念のヘッドマークをつけた車両が氷見線を走るのは9月15日の記念セレモニー前後の約2~3ヵ月間の期間限定。この機会は見逃せません !


万葉線 新型除雪車納車

万葉線では今まで活躍してきたデ5022に変わり、新型除雪車6000形がお目見えしました。この新型車は赤と黄色のカラーリングが特徴で、アイトラムと同じ新潟トランシス製となっています。積雪が30〜40cmになると、六渡寺駅から越ノ潟駅の間を除雪のため運行します。


ハットリくん列車

▲今まで使われていた除雪車 デ5022

ハットリくん列車

▲新型除雪者 6000形


トロッコ電車の車庫を見学!

車庫見学会

大正元年(1912)の9月19日開通から100周年を迎える氷見線。2012年8月1日(水)〜31日(金)の11日〜16日を除く25日間、黒部峡谷鉄道では、車庫見学会を行います。参加は無料。普段入ることができない運転席で記念撮影ができる他、なかなかお目にかかれない機関車に出合えます。受付は、電気記念館前にて12時〜午後2時の間。参加者には、トロッコ電車のシールが貰える特典もあります。


大公開!富山地方鉄道 アルプスエキスプレス編製図

アルプスエキスプレス編製図
1号車(モハ16014)
1号車(モハ16014)編成図
2号車(クハ112)
2号車(クハ112)編成図

3号車(モハ16013)
3号車(モハ16013)編成図





▲PAGE TOPへ