ロカルちゃ! 富山

マニアックに遊ぶディープな富山情報誌

万葉線[Manyo_sen] 最新のトレンドを高岡に。歴史を受け継いだ新車両

  1. ロカルちゃ!富山 HOME
  2. Vol.6 駅・鉄道編 リターンズ
  3. 万葉線

万葉線[Manyo_sen] 最新のトレンドをTAKAOKAに。歴史を受け継いだ新車両

万葉線は、高岡市(高岡駅前)と射水市(越ノ潟)を結ぶ12.8kmの路面電車で、正式には高岡駅前駅~六渡寺駅までの「高岡軌道線(軌道)」、六渡寺駅~越ノ潟駅までの「新湊港線(鉄道)」2路線が、一体の路線「万葉線」として運行されています。歌人、与謝野晶子が「鎌倉大仏より一段と美男」と評した高岡大仏など、多数の史跡が点在する歴史ある高岡の町から「海の貴婦人」帆船海王丸まで多彩な表情を楽しめる沿線です。

新たに導入されたLRTの新車両で未来の高岡のイメージを発信!!
◎ニックネーム:
アイトラム
◎駅数:
25駅
◎営業キロ数:
12.8キロ
◎全線開通日:
昭和26年4月1日

車両情報

万葉線MLRV1000型は、富山市を走っているライトレールと同じ型であり、製造も同車と同じ新潟トランシスが担当しています。基本性能や機器類も同じで、外装と車内のデザインのみが違います。

※ 右記のデータは万葉線MLRV1000形のものです。

軌間 1067mm
構成 2車体2台車連接車
全長 18.4m
2.4m
高さ 3.407m
ステップ高さ 0.3m
車両重量 約21t
定員 80人(座席28人、立席52人)
車椅子スペース 前後2箇所
電気方式 DC600V
最高速度 40km/h(設計速度70km/h)

ピックアップ情報

季節ごとに趣向を凝らしたイベントを行っています

ビール電車

▲ビール電車の車内風景

セントラム

▲スウィーツ列車の車内風景


万葉線は、これまでに夏季の「ビール電車」や冬季の「新酒おでん電車」、開業10年記念「スイーツ電車」などの貸切電車の企画を行ってきました。今年も6〜10月の月〜土曜日に「納涼ビール電車」が運行されます。電車に揺られながらみんなでワイワイ、電車の宴会を楽しんでみてはいかが?

■詳しい問合せ・ご予約は 万葉線株式会社 TEL:0766-25-4139

みなとオアシスと海鮮グルメのNEWベイエリアスポット!!

海王丸パーク

▲建設中の新湊大橋

『みなとオアシス』に登録された海王丸パークは「帆船海王丸」が係留されており、週末にイルミネーションが行われる夜景スポット。隣接エリアには、新湊フィッシャーマンズワーフ「新湊きっときと市場」があり、富山湾の獲れたての海の幸を楽しめます。また、周辺は内川と詩情あふれる橋を楽しめる散策コースとなっており、日本海側最大の斜張橋新湊大橋も 2012年秋完成予定。


海王丸パーク

▲海王丸パーク

新湊きっときと市場

▲新湊きっときと市場

▲PAGE TOPへ

車両紹介

小学生のアイディアから誕生!! 「ネコ電車」

ネコ電車
ネコ電車オスとメス!?

越ノ潟行きが耳にリボンのあるメス、高岡駅前行きがリボンの無いオスです。蝶ネクタイのデザインや色も少しずつ違います。


旧型車両は、広告主によって様々なデザインにラッピングされ、現在も運行しています。運行はランダムなので、お目当ての車両に出合えるかはあなたの運次第?

旧型車両1 旧型車両3

▲PAGE TOPへ

音~Sound~

癒しの効果あり!? 個性的な発車音とアナウンスはここでしか聞けません!!

万葉線ではJR高岡駅と同様に地元 銅器の「お鈴(りん)」という仏具で演奏した発車メロディが使用されています。また、土日祝の車内アナウンスは地元射水市(旧新湊市)出身の立川志の輔さんが案内するご当地ならではの名物になっています。

▲PAGE TOPへ

写真撮影~Photograph~

photograph

中新湊駅-東新湊駅間
中新湊駅-東新湊駅間
桜の花と万葉線の真っ赤なボディーが美しい。近距離で撮影した迫力の一枚。
末広町駅付近
末広町駅付近
万葉線と高岡市の夏の風物詩七夕祭の風景が鮮やかな一枚。
中新湊駅-東新湊駅間
中新湊駅-東新湊駅間
中新湊駅~東新湊駅区間の内川を渡る万葉線。背景の立山がとても美しい一枚。
万葉線米島口車庫
万葉線米島口車庫
米島口車庫の隣には万葉線株式会社の本社があります。運転手交替をするのがこの電停です。
1950年Debut 万葉線デ5010形
1950年Debut 万葉線デ5010形
昔懐かしい緑の車両
元は富山地方鉄道射水線の主力で除雪車としても活躍した5010形。今も米島口車庫に保管されています。



▲PAGE TOPへ