ロカルちゃ! 富山

マニアックに遊ぶディープな富山情報誌

日本を支える立役者

  1. ロカルちゃ!富山 HOME
  2. Vol.7 建造物編
  3. 日本を支える立役者

黒部ダム【くろべだむ】

轟く富山の水瓶

暴れ川といわれる黒部川をせき止めて造り、世紀の大工事といわれました。関西電力が社運をかけたと言われる難工事は約7年の歳月をかけて昭和38年(1963)に完成。岩盤が強固でないと建設できないアーチ式のダムで、高さは日本一の186mです。貯水量約2億㎥と、大量の水を蓄えておくことが可能で、観光放水の季節(6月~10月)にはダイナミックな轟音が響きわたり、虹がかかる様子は感動的。

アーチ型ダム

カーブした形で、ダムにかかる水圧などを効果的に支えるスマートな構造。

黒部ダム

地図中新川郡立山町

黒部ルート見学会

黒部ルート見学公募委員会は水力発電への理解を深める目的で、欅平~黒部ダムまでの黒部ルート見学会を開催。一般には公開されていない工事用の乗り物を乗り継ぎ、施設の説明を聞きながら進む人気の見学会です。

詳細はこちら→
http://www1.kepco.co.jp/info/hokuriku/koubo/

キャラクター
インクライン

インクライン
作業員と工事用貨物運搬するための軌道装置。2台の台車を中間で交換する2連交走式です。

黒部川第四発電所

黒部川第四発電所
黒部ダムから約10km下流に位置し、自然環境を守るためすべて地下式になっています。

上部専用鉄道

上部専用鉄道
黒部川第四発電所駅から竪坑上部駅までの6.5kmを運行。天井がとても低くなっています。

跡曳水路橋【あとびきすいろきょう】

跡曳水路橋

昭和2年(1927)に新柳河原発電所へ送水するために設けられたコンクリート製の水路橋。黒薙川から高さ50mの位置に架けられています。長さ48m、幅10mの巨大なアーチ橋は当時の最大スパンの橋梁で、技術水準の高さが感じられます。

愛本発電所【あいもとはつでんしょ】

昭和11年(1936)に完成。建屋後方の道路との距離が短いので、愛本発電所では機材の運搬は、インクラインという装置の代わりに建屋左側の塔に設置されたクレーンを利用して行います。

愛本発電所

地図黒部市宇奈月町

新柳河原発電所【しんやながわらはつでんしょ】

新柳河原発電所

平成5年(1993)、宇奈月ダムの建設で水没した旧柳河原発電所に代わって建造。ヨーロッパの古城を思わせるオシャレな外観です。トロッコ電車の人気フォトスポットです。

下山芸術の森 発電所美術館【にざやまげいじゅつのもり はつでんしょびじゅつかん】国登録有形文化財

開館が待ち遠しい

平成25年3月末のまで改修工事期間中は、赤レンガの雰囲気ある外観と展望台のみ見学可。開館時には、発電用タービンや導水管が残る展示空間で現代アートの展示が行われます。

下山芸術の森発電所美術館

地図下新川郡入善町下山364-1

黒部川第二発電所【くろべがわだいにはつでんしょ】

黒部川第二発電所

自然に挑む様に建つ

昭和11年(1936)完成の、山口文象デザインの発電所。黒部川第二発電所は幾何学をより一層抽象、単純化したドイツのバウハウス派の影響を受けた氏の、白く直角で単純な箱型のデザインがよく表れています。

目黒橋

▲目黒橋

黒部川周辺MAP

黒部川周辺MAP

小牧ダム【こまきだむ】国登録有形文化財

多彩な機能を持つ

昭和5年(1930)に発電専用ダムとして高さ79.2m、美しい曲面の本格的な重力式コンクリートダムが完成。17カ所のダムゲートや、鮎などの魚の遡上のための日本初のエレベーター式魚道を設けていて、完成当時東洋一のダムと呼ばれました。

重力式ダム

ダム本体のコンクリートの重さで水圧などからダムを支える力強い構造。

小牧ダム

地図砺波市庄川町小牧471

本宮砂防堰堤【ほんぐうさぼうえんてい】国登録有形文化財

日本一美しい

ダム上流には川幅約500mもの大きな堆砂域があり、貯砂量は500万㎥と日本一を誇りま す。粗石コンクリート造りの表面は間知石貼となっており、川幅いっぱいを使って一直線に流れ落ちる水は立山を背景にした大自然に溶け込み日本一美しい砂防堰堤と言われます。

本宮砂防堰堤

白岩砂防堰堤【しらいわさぼうえんてい】国指定重要文化財

日本一の高さ

昭和14年(1939)立山カルデラからの土砂を防ぐため、立山カルデラの出口に建設された堰堤。本堰堤の高さは63m、7基ある副堰堤をあわせると108mもの高さになり、ともに日本一の高さとなります。平成20年6月に国の重要文化財に指定されました。

砂防などの体験学習会の問合せはこちら▼
http://www.tatecal.or.jp/
(立山カルデラ砂防博物館)

白岩砂防堰堤



▲PAGE TOPへ