ロカルちゃ! 富山

マニアックに遊ぶディープな富山情報誌

ポートラム・セントラム・サントラム

  1. ロカルちゃ!富山 HOME
  2. Vol.16 鉄道編
  3. ポートラム・セントラム・サントラム

富山市街地を縦横無尽に走る3つの路面電車、ポートラム、セントラム、サントラム。スタイリッシュな外観とバリエーション豊富なカラーで街並みに彩りを添えています。

ポートラム

7色カラーの個性派ぞろい!!

利便性とコンパクトなまちづくりを目的として誕生。新潟トランシスで製造された2車体連接低床式路面電車です。もともとは、ドイツの車両製造メーカー ボンバルディア・トランスポートの技術をライセンス導入したもの。

ポートラム
ポートラム
【鉄道DATA】
軌間 1067mm
構成 2車体2台車連接車
全長 18.4m
2.4m
高さ 3.407m
ステップ高さ 0.3m
車両重量 約25t
定員 80人[座席28人(跳ね上げ座席含む) 、立席52人]
車椅子スペース 前後2箇所
電気方式 DC600V
最高速度 60km/h (設計速度70km/h)

※ライトレールTLR0600形のデータ

万葉線のアイトラムも同じ車両です

pickup人気グッズをチェックしよう!!

ポートラムチョロQ

富山駅北口のポートラムショップでは人気商品のポートラムチョロQをはじめ、さまざまなグッズを取り扱っています。

[お問い合わせ]☎076-433-7100
ポートラムショップ富山駅北
地図富山市明輪町100-1(JR富山駅北口駅舎内)

ポートラムチョロQ

若のおすすめショット

バリエーション豊富なカラフル車体に注目!!

ポートラムの最大の特徴はカラフルさ!富山の豊かな自然や活力あふれる未来を象徴しています。

グリーン
green立山をバックに走るポートラム

レッド
red
ブルー
blue

パープル
purple
イエローグリーン
yellow green

オレンジ
orange
イエロー
yellow

LRT(次世代型路面電車)で快適走行!

LRTとはLight Rail Transitの略です。低床式車両の活用や軌道・電停の改良によって乗降の容易性、定時制、速達性、快適性などの面で優れた特徴がある次世代の軌道系交通システムのことです。

LRT(次世代型路面電車)

インファンド工法の導入でとっても静か!

インファンド工法とは、コンクリートの路盤に溝をつくり、そこに溝型レールを埋め込んでから、さらに樹脂で固定する工法のこと。騒音や振動を軽減する効果があります。

より快適に工夫されているのです
インファンド工法
「Visit Toyama」で検索

ビジットトヤマにて、富山ライトレール全路線車窓ムービーをご覧頂けます。

▲PAGE TOPへ

セントラム

シックな色合いが街に映える

セントラム

富山市が公共交通を軸としたコンパクトなまちづくりの実現に向け、2009年に市内電車の環状線化事業を目的として誕生。富山市中心部の活性化を目指しています。ポートラムと同系の車両ですが、管理・運営会社が異なります。

【鉄道DATA】
軌間 1067mm
構成 2車体2台車連接車
全長 18.4m
2.4m
高さ 3.407m
ステップ高さ 0.3m
車両重量 約25t
定員 80人[座席28人、立席52人]
車椅子スペース 1両目に1台分のみ
電気方式 DC600V
最高速度 40km/h (設計速度70km/h)
セントラム

地図丸の内~国際会議場前駅付近

系統図

pickup その1昭和の雰囲気が懐かしい

レトロ電車

レトロ電車
レトロ電車車内
レトロ電車車内
モダンなデザインの
座席
レトロ電車車内
優しい手触りの
木製つり輪

1965年製の7000形車両をリニューアル。工業デザイナー・水戸岡鋭治氏のレトロモダンなデザインです。運行時間についてはレトロ電車公式ウェブサイトでチェックを。

「レトロ電車富山」で検索

pickup その2市内電車が新幹線高架下へ乗り入れ

3月14日、富山駅高架下に
新停留場「富山駅」登場!!

2015年3月14日に開業となる北陸新幹線やあいの風とやま鉄道の富山駅改札口から最も近い位置に新停留場「富山駅」が誕生します。
市民や企業・団体から寄付を募り、新停留場の装飾壁に記念プレートが設置されます。

記念プレートのイメージ
▲記念プレートのイメージ
高架下停留場のイメージパース
▲高架下停留場のイメージパース

▲PAGE TOPへ

サントラム

県内初の3単体連結

2010年、県内3つめのLRTとして導入。セントラム・ポートラムよりもやや小ぶりで「リトルダンサー」と呼ばれる日本製のLRT車両です。一次のT101号と、これをベースにより乗り心地の改善を図った二次のT102号が走っています。

サントラム
【鉄道DATA】
軌間 1067mm
構成 3車体2台車連接車
全長 16.2m
2.4m
高さ 3.265m
ステップ高さ 0.35m
車両重量 約23t
定員 74人[座席29人、立席45人]
車椅子スペース 1編成に1台分のみ
電気方式 DC600V
最高速度 40km/h (設計速度60km/h)

pickupサントラムの不思議チェックポイント!!

(1) 真ん中の車両が浮いている!

真ん中の車両には車輪がなく、宙に浮いているように見えます!

(2) 2両編成のセントラムより短い!

サントラムは16.2m、セントラムは18.4m。だから2.2mも短いんです!

期間限定 ラッピング電車

季節やイベントでラッピングを変更し、街行く人々の目を楽しませています。

若のおすすめショット

立山連峰をバックに
富山大橋を渡るサントラム

2012年3月24日、神通川に架かる新しくなった富山大橋の渡り初めにサントラムが登場しました。その後、安野屋停留場~大学前停留場の単線区間の複線化とインファンド軌道化などが行われました。

ダブルサントラム
複線化でダブルサントラムの撮影に挑戦!



▲PAGE TOPへ