イベント

宮めぐり神事

みやめぐりしんじ

江戸時代から続く勇壮な神事

  • 宮めぐり神事|とやま観光ナビ 宮めぐり神事の情報は富山県観光公式サイト「とやま観光ナビ」で。観光や体験、グルメ、お土産、イベントやお祭りなど、旅を楽しくする情報がいっぱい!
宮めぐり神事写真
武者装束の氏子が拝殿を巡ります
埴生護国八幡宮では、毎年9月例祭時午後「宮めぐりの神事」が武者装束の氏子によって古式ゆかしく行われます。道祖神をまつる長さ4mの道祖幣を手にした氏子の長老を先頭に隊列を組み、笛と太鼓の囃子に合わせて拝殿外側の広縁を7回半めぐり、最後に武者たちが弓矢刀剣をかざします。鬨(とき)の声をあげて本殿めがけて駆け込むという素朴かつ勇壮なこの神事は、砺波山源平合戦の折、源義仲が同八幡宮に戦勝祈願し、大勝したお礼参りの様子を見習って江戸時代から行われています。
神事のようす
神事のようす
弓矢刀剣を身にまとう武者たち
弓矢刀剣を身にまとう武者たち

宮めぐり神事

開催期間 2018年9月16日(日)
会場名 埴生護国八幡宮
住所 〒932-0836
富山県小矢部市埴生2992
電話番号 0766-30-2266
アクセス ■能越自動車道小矢部東ICから車で10分
■あいの風とやま鉄道石動駅から徒歩25分
駐車場 あり
駐車料金: 無料
地図を印刷