厄年祈祷祭(厄払い鯉の放流) やくどしきとうさい(やくばらいこいのほうりゅう)

神の化身、「鯉」に願いをかけて…

艶やかな着物、精悍な紋付袴姿の男女が鯉に願いをかけ放流する。厄払い鯉の放流の起源は、江戸時代後期に行われた金屋神明宮の遷宮祭にさかのぼります。その遷宮祭で供えられていた「神の化身、庄川の主」とされていた鯉が、長時間の神事が終了してもまだ生きていたことから、鯉の生命力にあやかり、鯉に御神酒を飲ませて災厄を託し、庄川に放流したのが起源とされています。明治の始め頃からは毎年1月7日に神事が行われるようになりました。以来、今日まで、厄年の男女(男性は、数え年25、42歳、女性は、数え年33歳)が「開運」「長寿」などを願い、御神酒を与えられた鯉に一人ひとりが手を触れ、庄川へ放流しています。

エリア
砺波・五箇山
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所 〒932-0305 富山県砺波市庄川町金屋 庄川水記念公園
電話番号(備考) 0763-82-6841
アクセス ■北陸自動車道砺波ICから車で約15分■JR城端線砺波駅からバスで約30分、水記念公園前下車
ホームページURL 公式サイト

イベント

開催期間(テキスト) 2021年1月7日(木)
開催時間 厄年祈祷大祭 10:30~12:00頃   
鯉の放流 11:00~12:00頃
会場名 庄川水記念公園 鯉恋の宮

イベント・観光施設が新型コロナウィルス感染症の影響で一時閉鎖・中止・延期になる場合がございます。
最新の情報につきましては、各公式ページでご確認ください。

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い鮨屋

次に読みたい特集記事