観光スポット

十二町潟オニバス発生地

じゅうにちょうがたおにばすはっせいち

葉の直径が2mを超える巨大オニバスが自生

  • 十二町潟オニバス発生地|とやま観光ナビ 十二町潟オニバス発生地の情報は富山県観光公式サイト「とやま観光ナビ」で。観光や体験、グルメ、お土産、イベントやお祭りなど、旅を楽しくする情報がいっぱい!
十二町潟オニバス発生地写真
オニバスの花
1922年、十二町潟のように巨大で、しかも生育株の多いオニバスは他に類をみないということで、天然記念物の指定を受けました。富山県内では氷見市の十二町潟のみに生息していましたが、1979年に記録されて以来、自生地には発生していないとされました。しかし、潟内の浚渫やガマ刈りの効果もあり、2005年26年ぶりに十二町潟にてオニバス4株の自生が確認されました。潟内の自生数は年々増加しており、2008年には葉の直径が2mを超えるものを130株を確認しています。他ではないほどの大きなオニバスを見に行ってみましょう。
オニバス発祥地
オニバス発祥地
小さくきれいな花が咲いています
小さくきれいな花が咲いています
オニバス発祥地の案内
オニバス発祥地の案内

十二町潟オニバス発生地

住所 〒935-0051
富山県氷見市十二町中開4322
電話番号 0766-74-8106  (氷見市観光・マーケティング・おもてなしブランド課)
アクセス ■JR氷見線氷見駅から徒歩で約10分
■能越自動車道氷見ICから車で約10分
公式URL http://www.kitokitohimi.com/tourism-guide/facilities/park.html
備考 ■観光ボランティア: つままの会(氷見市商工観光課)
地図を印刷