春満開!心躍るフォトジェニックに溢れた絶景とやま旅

  • 春の四重奏
  • アルペンルート
  • チューリップフェア
  • 黒部峡谷

黒部峡谷

TOYAMA SPRING 2020 01

黒部峡谷の楽しみ方

激流が作り出した大自然の彫刻!

黒部峡谷切り立った深いV字峡が迫り、息をのむ断崖が視界を覆う黒部峡谷。日本三大峡谷の一つで「日本の秘境100選」にも選ばれており、また、カエデ、ブナ、ナラなどの原生林が多く、豊かな緑のかおりにめぐまれていることから、環境省の「かおり風景100選」に選ばれています。黒部峡谷はそんな圧倒的な自然のエネルギーが肌で感じられるパワースポットとも呼べる場所。標高差3,000mを一気に下る黒部川の急峻な流れが岩を穿ち、形づくられた大峡谷が目の前に続きます。気が遠くなるような長い年月をかけて完成したその雄大さとともに、四季折々の山肌の表情、木々の姿、日差しが創る陰影など、繊細な自然美にも心が動かされます。
奥山の木々が芽吹き、雪解け水が激しく谷を洗うころ、黒部峡谷に遅い春が訪れます。まだまだたくさんの雪の残る峡谷は、新緑とのコントラストが美しい季節。究極の癒しを求めて大自然に飛び込んでみよう。

秘境黒部峡谷の出発駅!宇奈月駅

富山随一の温泉郷・宇奈月温泉にある駅。宿泊施設はもちろん、足湯スポットや日帰り温泉などもあり気軽に温泉が楽しめます。
駅構内にはレストランや売店も充実し、駐車場も完備。
ゆっくり時間をとって、食べ歩きや美術館などの周辺観光もおすすめ!

宇奈月駅

スリリングな谷と
峡谷最古の露天風呂がある!黒薙くろなぎ

一番の見どころは、後曳あとびき橋。橋から見下ろせる深く険しい谷はとてもスリリングで見応えがあり、遊歩道から眺める後曳橋は人気のフォトスポット!駅から20分ほど歩くと峡谷最古の露天風呂が。吹き上げるほどの豊富な湯量は宇奈月温泉の源泉でもあります。ハイキング気分でぜひ歩いてみて。自然の中でお湯に浸かれば、疲れも癒されますよ。

黒薙駅

夏でも溶けない?!
万年雪を見に行こう!鐘釣かねつり

百貫山ひゃっかんやまに降った雪が落ちて蓄積、夏でも溶けずに残る雪は黒部万年雪と呼ばれ、駅近くの展望台から正面に間近に見られます。15分ほど歩くと河原露天風呂もあり、河原を掘るとお湯が沸き出ることでも有名。自分で掘った露天風呂に浸かるなんてのも良い思い出に。ここでは急斜面を上り下りするためのトロッコ電車のスイッチバッグも見所のひとつ。
普通の電車では見ることができない、Z字に走る様を満喫できます。

鐘釣駅

秘境の最終駅、欅平けやきだいら
日本で2カ所だけの特別な場所も!

終着駅。駅の屋上からは絶景を眺めることができます。
周辺には眺望が素晴らしい朱塗りの奥鐘橋はぜひ訪れたいおすすめのスポット。
ほかにも特別名勝と特別天然記念物の両方に認定(日本で2か所だけ)されている猿飛峡や迫力満点の人喰岩など名所の数々が目白押し。散策の後は足湯でリフレッシュもできます。

欅平駅

秘境のさらにその先へ!?

パノラマ展望ツアーも期間限定で

パノラマ展望ツアー

欅平駅のその先、
一般のお客様は立ち入ることのできない場所があります。
専用列車、竪坑エレベーターを抜けて
たどり着く未知の体験ツアー。
視界360°絶景を求めて、おすすめです!

詳しい情報はこちら
TOYAMA SPRING 2020 02

フォトジェニックスポット

トロッコ電車で最初に渡る
黒部峡谷のシンボル的真紅の鉄橋、新山彦橋!

電車の音が、やまびことなって響き渡ることから名付けられた橋。車窓からは山々と川面の景色がダイナミックに迫ってきます。四季折々の渓谷美を眺めることができ、旅の始まりにふさわしい。トロッコ電車が昔走っていた旧山彦橋から、新山彦橋を渡るトロッコ電車をぜひ記念に1枚!!

新山彦橋

峡谷1の絶景スポット、奥鐘橋!

トロッコ電車の終着駅「欅平駅」からほど近くにある、
長さ86m、高さ34mの朱塗りの橋。
橋の上から見下ろすと広がる峡谷。
黒部峡谷のスリルが味わえる絶景スポットで
雄大な自然とともにシャッターをパシャリ。

奥鐘橋

いつまでも消えない雪?万年雪

夏まで溶けずに残っている万年雪。特に5月上旬頃の
新緑の季節は、緑と雪の白のコントラストが
とても美しく、何層にも重なっている様子がまるで
ティラミスに見えるとか?!

万年雪

本物の機関車を展示!トロッコ広場

レトロな凸型の機関車は、車両に乗って
写真撮影をすることが出来ることができとっても人気。

トロッコ広場

ちょっと一息 黒部峡谷の温泉 でほっこり

  • 彩りガーデン

    とちの湯[宇奈月駅周辺]宇奈月温泉駅から車で約5分

  • I LOVE 花壇

    黒薙温泉[黒薙駅周辺]黒薙温泉駅から徒歩で約20分

TOYAMA SPRING 2020 03

トロッコ電車について

春の新緑に飛び込もう!

黒部峡谷の美しさを堪能するには、トロッコ電車(黒部峡谷鉄道)に乗るのがおすすめ。「トロッコ」とはトンネルなどの工事現場から土砂や石を運搬するために使われた貨車のこと。今は観光鉄道としてV字峡谷を縫うように走り、新緑の春、山々が川辺に迫る夏、紅葉に輝く秋へと表情を変える景色を見せてくれます。総延長20.1km、宇奈月〜欅平間を大小41ヶ所のトンネルと21ヶ所の橋を渡り、約20km、約1時間20分の旅が訪れる人を魅了しています。
春は新緑の季節、残雪が残る中、ブナやナラなどの原生林が青々としており、原生林からは森の香りが漂います。五感でぜひ森の美しさを体感しよう。

2020年の運行期間

毎年4月中旬~11月30日
開通区間は宇奈月-笹平間の約7キロ、
5月1日に宇奈月-欅平間の約20キロが全線開通する予定。

お土産情報

トロッコ電車について

トロッコ電車の車両には3つのタイプがあります。それぞれ旅のスタイルやお好みで選びましょう。トロッコ電車は完全定員制のため、乗車が決まっている場合には、あらかじめチケットの予約をしておくのが良いでしょう。

お土産情報
タイプその1
普通客車
普通客車

オープン型。窓がないため開放感があり、最も黒部峡谷鉄道らしい雰囲気を楽しめます。(座席は横一列4人掛け)

タイプその2
リラックス客車
リラックス客車

窓付きで、季節・気候にとらわれず、リラックスして観光できます。(座席は横一列3人掛け)

タイプその3
特別客車
特別客車

特別客車とリラックス客車は、別途料金がかかりますが、背もたれがあるので優雅に楽しめます。行きと帰りで客車を変えて楽しむのもおすすめです。(横一列4人掛け)

自然豊かな黒部峡谷は夏や秋も魅力満点!

夏は避暑にぴったり

トンネルに入るとヒンヤリとした空気に包まれます。
また、黒部峡谷鉄道のすぐそばには黒部川が流れており、川遊びもできます。

夏は避暑にぴったり
秋は美しい紅葉がトロッコ列車を包みこむ

「黒部の五段染め」と言われる赤や黄色に色づく木々や、サンナビキ山の初冠雪といった美しい景色を眺めることができ、様々な色のコントラストが楽しめ決して飽きません。

秋は美しい紅葉がトロッコ列車を包みこむ

Access

電車で

北陸新幹線「黒部宇奈月温泉駅」から
富山地方鉄道「新黒部駅」乗り換え、約30分

車で

北陸自動車道「黒部IC」から約20分

飛行機で

富山きときと空港からバスで「富山駅」へ。
そこから北陸新幹線にて「黒部宇奈月温泉駅」へ

<お問合せ先:黒部峡谷鉄道株式会社 営業センタ― 0765-62-1011>

黒部峡谷鉄道ホームページへ