• HOME
  •  富山とりっぷトップ
  •  私らしく、めぐる、とやま #1冬のとやまで、ぷちチャレンジした。 2日目【午前】友だちとシェアしたズワイガニコース料理

2日目

午前

友だちとシェアしたズワイガニコース料理

おはようございます。
富山湾を見ながら、朝ごはんをいただきます。

朝食は、ブッフェスタイルなので、
和食・洋食いろいろ並んでいるなかから、チョイス。

イクラとサーモンの海の親子丼です。
他にも、ちょっと追加して、がっつりいただきました。

チェックアウトの前に、もう1回温泉に入ろう!

ひみ番屋街に着きました!
正式には、「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」。
道の駅になってます。

入り口を入って左手のドアの上に、看板がドン!
右手には、「西の番屋 2 」の看板がドン!
「番屋」って、漁師さんたちの作業小屋のことなんだって。

そして、正面の天井近くに発見!
これは、ブリ?
つまり、鯉のぼりではなく「ブリのぼり」?

もちろん、本物の「ひみ寒ぶり」もありましたよ!
大きい!大きすぎる!
氷見漁業協同組合の認定証みたいなものが付いている。
6キロ以上じゃないと、
「ひみ寒ぶり」と認めてもらえないんだって。

南の番屋のショップで、番屋街らしいお土産を聞いたら、
コレを勧めてくれました。
「氷見総湯温泉水配合 フェイスマスク」。
氷見って、女子の味方です!

そして、10時。
ひみ番屋街で、待ち合わせていた人物、発見!

実は、学生時代の友だちが富山出身で、
「冬の富山に、来てみられ!」と、誘われて富山に来た私。
友人Aと(なんか、怪しい人みたいですが)、再会を喜びあい、
彼女の車でドライブへGO。
富山湾沿いに走りながら、昨日のこと、お互いのことに、話が止まらない。
次は、射水市に向かいます。

本日のランチは、カニ!
射水市の割烹松山さんで、カニです。
冬の醍醐味、カニです。

友人Aオススメのお店で、「カニかに旨味料理」をいただきます。
7品あって、二人でシェアするのもOK。

最初は、カニ味噌豆腐、新湊漁港 魚貝の造り盛り合せ、
ズワイガニ刺身の3品が来ました!

そして、来ました。「富山県 新湊漁港」のタグを付けた、あいつが!

「ズワイガニゆで姿付き」。思わず持ち上げてみました。

このあと、女将さんに食べ方を教えてもらいながら、ゆでたてのカニを堪能、
二人で狂喜乱舞の世界になりました。
ということで、画像ありません。

落ち着いた頃合いに、「カニ甲羅揚げ(美味ソースあんかけ)」。
ソース味で、これまでと味が変わって、さらに食欲アップ。

「カニ団子と山菜のあんかけ小鍋」をいただいた後、
最後は、「カニの焼鍋御飯」です。

ご主人の心づかいと工夫がこらされたカニ料理。
ごちそうさまでした!すばらしい時間でした!

  • ※撮影は2019年12月に行いました。
  • ※掲載した情報は2019年12月現在のものです。
  • ※期間限定のものがあります。

富山とりっぷ 2019冬号

食と景色に感動
冬のぬくもりを感じるとやま旅

富山県の四季折々の観光情報と旅行商品情報が一冊でわかるパンフレット。
四季毎に年4回発行。