• HOME
  •  ねまるちゃ[秋号]トップ
  • ねまるちゃ[秋号]トップ
  • 文化の秋
  • 紅葉の秋×食の秋
  • ねまるちゃとは?

高志の国文学館

高志の国文学館

杉本美穂

表紙モデル 杉本美穂

1997年5月20日生まれ。富山県出身。
「TOKYO GIRLS AUDITION 2015」モデル部門セミファイナリストを受賞し、2016年11月より「SCawaii!」専属モデルとして活動。昨年に引き続き、TGC 富山 2019にも出演。2018年には富山県警1日交通部長に任命されるなど多方面で活躍中。

富山出身、杉本さんに聞きました!

富山出身、杉本さんに聞きました!

 7/27に行われたTGC 富山 2019に出演し、その興奮が冷めやらぬまま撮影に臨んでくれた杉本美穂さん。地元のステージに2年連続出場できたこともあり嬉しさもひとしお。そんな杉本さんおすすめの富山の秋は、「富山城から駅に向かう大通りのケヤキの紅葉ですね。富山にいた頃はその道を通るのをいつも楽しみにしていました」と大のお気に入り。また、おススメスポットは「よく遊びに行った岩瀬浜」海の近くには歴史的な街並みも残る。「おススメの富山にぜひ遊びに来てね」と笑顔で話す。

いにしえの万葉ゆかりの地 秋の彩が映える富山旅

雄大な自然と、旬の味が待つ 万葉のふるさと富山をたずねる

 富山県西部の海沿いにある高岡市伏木は、奈良時代に越中国の国府が置かれた場所で、『万葉集』を代表する歌人 大伴家持が5年間国守として在任していた。このため現在も富山県内には家持や万葉ゆかりの施設や歌碑が多く残る。新元号「令和」の典拠が『万葉集』であることから、いま全国から注目が集まっている。
 富山では、秋が山から駆け足で下りてくるように赤や黄に染まる。そして富山湾で水揚げされるベニズワイガニ「高志の紅ガニ」を味わうなら、この時期を逃す手はない。いにしえの万葉に思いを馳せ、雄大な自然に浸り、海の幸に舌鼓を打つ。魅力いっぱいの富山で、秋の休日を満喫しよう。

ねまるちゃ秋号のプレゼント応募はこちら ※2019年11月15日18:00まで

ねまるちゃ2019秋号

ねまるちゃ秋号の内容はこちら

2019秋号(PDF:12.4MB)

いにしえの万葉ゆかりの地
秋の彩が映える富山旅
○文化の秋
○紅葉の秋
○食の秋