• ねまるちゃ[春号]トップ
  • ゴールデンフィーク10連休 お祭り特集
  • 富山の花を楽しむならココ!
  • 自然の中に春が息づく富山の絶景!
  • ねまるちゃとは?
  • 富山とりっぷ×ねまるちゃ

自然の中に春が息づく富山の絶景!

新緑の大自然の中を走る
トロッコ電車の旅へ

4月20日(土)~11月30日(土)
※全線開通は5月10日(金)予定、積雪や除雪の状況で変更の場合あり

 日本一深いV字峡谷・黒部峡谷が目の前に迫る小さなトロッコ電車。宇奈月から欅平まで全長20.1km。ゆっくりと走る車両に乗り込めば残雪と新緑がお出迎え。黒部峡谷のきれいな水や温泉、ダイナミックで豊かな自然に癒されよう!

黒部峡谷トロッコ電車

料金/宇奈月↔欅平 片道1,980円、
6歳以上12歳未満990円、リラックス車両券530円、特別車両券370円
お問い合わせ/黒部峡谷鉄道営業センター
TEL/0765-62-1011(9:00~16:00、4月1日(月)からは9:00~17:00)
交通/北陸自動車道 黒部ICから車で約20分、北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅乗り換え、富山地方鉄道 新黒部駅から宇奈月温泉駅下車徒歩約5分
http://www.kurotetu.co.jp/

黒部峡谷トロッコ電車

黒部峡谷トロッコ電車

雪の大谷ウォーク

雪の大谷ウォーク

雪の大谷ウォーク

季節はまだ冬!?一面の銀世界を体験

4月15日(月)〜6月22日(土)
雪の大谷ウォーク(ウォーキングゾーン)9:30〜15:15、
雪の回廊ウォーク(室堂平ゾーン)終日

 標高2,450mの室堂平は、世界有数の豪雪地帯で春になっても銀世界が広がる。立山黒部アルペンルートの除雪作業は1月下旬から約3カ月間に及び、パイロット除雪として、GPSシステムを装着した専用のブルドーザで道筋をつけて行う。「雪の大谷」は大型ブルドーザを2台並走させ、雪面をカンナで剥ぎ取るように掘り下げて作る。高さ20mに迫る雪壁の間を歩くことができる「雪の大谷ウォーク」で、大自然の迫力を体験してほしい。また室堂ターミナルに隣接する歩行者専用通路「雪の回廊」は荒天時も開放。室堂ターミナルでGWのみ発売予定のVR体験(体験無料・お土産ゴーグル500円予定)は、ドローンで撮影した春~秋のアルペンルートを360度見られる。チャンスがあれば手に入れてみよう。

2019立山黒部雪の大谷フェスティバル

場所/富山県立山町室堂ターミナル及び立山•天空ロード一帯
●パノラマロード「ZEKKEI」 4月15日(月)〜5月9日(木)
●スノーマウンテン「FUJIYAMA」
4月15日(月)〜5月6日(休・月)
●雪のポケット(大観峰駅) 4月15日(月)〜5月31日(金)
●VR体験販売4月27日(土)〜5月6日(休・月)
●雪の迷路「Snow Maze」 5月10日(金)〜5月19日(日)

お問い合わせ/立山黒部貫光株式会社
営業推進部WEB・PRセンター
TEL/076-431-3331(平日8:30〜17:30)
交通/立山駅から立山ケーブルカー、
立山高原バスに乗車(交通費必要)
https://www.alpen-route.com/

春の立山黒部アルペンルートをイメージしたキャラクター「大谷ゆき」

「アポロ」チョコをはさんだサンドイッチ。その名も「月へ行こう!」。<

「アポロ」チョコをはさんだサンドイッチ。その名も「月へ行こう!」。

ローカルコンビニの手作りサンドに注目!

 立山山麓へ向かう途中にあるコンビニエンスストア『立山サンダーバード』では、手作りのユニークなサンドイッチやおにぎり、昆布締めなどを販売している。ホタルイカ、冷やし中華、チャーハン、餃子がサンドされたり、山菜や獣肉がおにぎりの具になることも。どれも富山らしさを楽しく伝えるお店づくりの一環で、県外からのお客さんにも大人気。衣類やポストカードといったオリジナル商品もあり。富山旅の思い出づくりに欠かせない一軒。

手作りのユニークなサンドイッチ

立山サンダーバード

立山サンダーバード

所在地/立山町横江6-1
TEL/076-483-3331
営業時間/アルペンルート開業期間5:00〜20:00、同閉業期間6:00〜20:00
休業日/無休 駐車場/7台
交通/富山地鉄 横江駅から徒歩2分、北陸自動車道 立山ICから車で約20分
https://ja-jp.facebook.com/tateyama.thunderbird/

ホタルイカ漁

神秘の体験!青く光り輝くホタルイカ漁を間近に

3月21日(祝・木)~5月6日(休・月)

 日本海の水深200~600mに分布するホタルイカは、春になると産卵のため富山湾岸まで集まってくる。夜明け前の海で行われるホタルイカ漁を、実際に海上で見られるのはこの時期だけ。定置網にかかったホタルイカの放つ青い光で、真っ暗な日本海が一瞬にして幻想の世界に。出航は午前3時(変更の場合あり)と早朝だが、富山湾でしか見られない感動体験は、一生の思い出になる。

ほたるいか

ほたるいか海上観光

集合場所/ほたるいかミュージアム売店
料金/大人5,000円、小・中学生3,000円※未就学児は乗船不可
要予約、天候不順等により、やむを得ず欠航する場合がありますのでご了承ください。
◎web予約(乗船券のみ)
◎電話予約(乗船券のみ) 3月1日(金)~5月5日(祝・日)まで毎日受付
TEL/076-475-0100(予約専用ダイヤル。9:00~16:00)
※webおよび、専用ダイヤルのみの受付となります。
※電話がつながりにくい場合がありますので、予めご了承ください。
※4月1日~28日は2隻運航(定員80名)、
3月21日~31日、4月29日~5月6日は1隻運航(定員40名)
https://hotaruikamuseum.com/tour

四季折々の黒部峡谷の
美しさを味わう温泉宿

 『宇奈月杉乃井ホテル』が3月1日(金)から『やまのは』としてリニューアルオープン。黒部の大自然を意識した明るくナチュラルな色調の客室、源泉掛け流しの露天風呂や宇奈月温泉随一の広さを誇る内湯を備えるほか、北陸の食を取り込んだオープンキッチンスタイルのバイキングも注目だ。

黒部・宇奈月温泉 やまのは

黒部・宇奈月温泉 やまのは

所在地/黒部市宇奈月温泉352-7 TEL/0765-62-1311(9:00~20:00)
営業時間/チェックイン15:00、チェックアウト10:00客室数/全141室
料金/宿泊料金 11,500円~(1室2名様)※1泊2食付、宿泊日・お部屋タイプによって異なる
交通/北陸自動車道 黒部ICから車で約20分、北陸新幹線 黒部宇奈月温泉駅よりシャトルバス運行
https://www.unazuki-yamanoha.jp/

日本で有数の蜃気楼の名所

 海水温と気温の作用によって生じる蜃気楼。特に魚津近辺の海岸は3月下旬~6月にかけて発生することで有名。この一帯は名勝”蜃気楼展望地点”に指定されている。また近くにある「魚津埋没林博物館」のHPでは蜃気楼のライブラリや出現予測情報も見ることができる。

魚津埋没林博物館

2018年に撮影された蜃気楼。

2018年に撮影された蜃気楼。

●魚津埋没林博物館 TEL/0765-22-1049 所在地/魚津市釈迦堂814 O9:00~17:00(入館受付は16:30まで)
料金/大人(高校生以上)520円、小・中学生260円
※小・中学生は土・日・祝日無料 交通/北陸自動車道 魚津ICから車で約15分 https://www.city.uozu.toyama.jp/nekkolnd/
●魚津駅前観光案内所 TEL/0765-22-2244 http://www.uozu-kanko.jp