助成金・各種助成事業について

富山県、公益社団法人とやま観光推進機構では、富山県への旅行客の誘致増大を図るため、各種助成事業を行っております。
本ページに記載していない助成金については、富山県地方創生局 観光振興室サイトをご覧ください。
 

富山県内観光素材調査事業助成について

富山県内観光素材調査事業助成金

富山県への旅行客の誘致拡大に寄与するため、富山県内の観光素材調査を行う旅行会社に対し、予算の範囲内で助成金を交付します。

助成金の交付対象

富山県内の観光素材調査を行う旅行会社を対象に、原則富山県エリアに関わる調査費用に対し助成金を交付するものとする。
助成する対象範囲は、原則本県エリアに関わる部分とし、その他については提出書類に基づいて会長が判断する。

助成額

助成額は、調査費用のうち交通費、宿泊費等旅行費用を1人あたり5万円を限度として、1事業所(支店・営業所)あたり年間社員3人までを対象とし、申請内容等を総合的に勘案のうえ決定するものとする。
※助成総額は、年間100万円を超えない範囲とする。

助成金申請から交付までの流れ

観光素材調査実施の1ヶ月前までに必ず申請して下さい。

1.助成金交付申請書(様式第1号)を提出して下さい。
[添付書類]
・事業計画書
・収支予算書
・旅行日程表(旅行会社のレターヘッドが入り、全行程を明記したもの)
・旅行費用見積書(部内用)


2.観光素材調査助成金の交付決定(決定しましたら通知書を送付します。)
※助成金の交付に付する条件は、次に掲げるとおりとする。
(1) 原則として、公共交通機関を利用すること。
(2) 公共交通機関が運行されていない区域及び公共交通機関が運行されていない時間帯が多い地点を調査する場合、タクシー又はレンタカーを利用する場合に要する経費については、機構が認めたものに限り、助成対象とすること。
(3) マイカーを利用する場合に要する経費については、助成対象としないこと。
(4) 宿泊を伴う行程の場合は、富山県内の宿泊施設において1泊以上すること。

 3.観光素材調査完了後速やかに、事業実績報告書(様式第2号)を提出して下さい。
[添付書類]
・事業実施報告書
・収支決算書
・記録写真及び富山県観光素材調査事業の実績を明らかにした資料
・関係機関等への支払いに係る領収書の写し
・助成金の振込先

お問い合わせ

公益社団法人 とやま観光推進機構(TEL:076-441-7722 / TEL:076-431-4193)

富山県内産業観光推進事業助成について

富山県内産業観光推進事業助成

富山県の産業観光の活性化と推進に寄与するため、富山県内の産業観光施設を組み入れた旅行商品造成を行う旅行事業者に対し、予算の範囲内で助成金を交付します。

助成金の交付対象

富山県内の産業観光施設を1箇所以上組み入れた旅行商品造成にあたり、その造成を行う旅行事業者に対し、機構会長が認めたもの(仕入費用のうち貸切バス代)について、助成金を交付します。
※1 富山県内に事業所を置くバス会社の利用に限ります。
※2 同一市町村内で完結する旅行は対象となりません。
※3 富山県内における移動は全行程バス利用とする。
※4 助成は1企画につき1回のみ行います。
★助成金額算出のためのフローチャート表はこちら

助成金額

助成金は、次の表に掲げる区分に応じ、額の範囲内で交付します。

時期 バスサイズ 形態 助成金額
通常期間 大型 募集型 宿泊 5万円
日帰り 2万円
受注・手配型 宿泊 3万円
日帰り 1万円
中型・小型 募集型 宿泊 4万円
日帰り 1万円
受注・手配型 宿泊 2万円
日帰り 1万円
冬季間(11月~2月) 大型 募集型 宿泊 10万円
日帰り 4万円
受注・手配型 宿泊 6万円
日帰り 2万円
中型・小型 募集型 宿泊 8万円
日帰り 3万円
受注・手配型 宿泊 4万円
日帰り 1万円

・1事業所(支店・営業所)等につき、年間5件まで対象とします。
・助成金額は、申請内容を総合的に勘案のうえ決定するものとします。

助成金申請から交付までの流れ

実施の1か月前までに申請してください。

1.事業実施にあたり交付申請書等を提出してください。
 [提出書類]
・富山県内産業観光推進事業助成金交付申請書(様式第1号)
・事業計画書
・旅行日程表(申請者名のレターヘッドが入り、全行程記述のもの)
・バス会社予約請書面(請書金額、バスの種類が記入されたもの)
・「募集型企画旅行」の場合、旅行条件等を明示した募集チラシ
・機構が交付する「富山で産業観光見学!」誘致事業助成金、富山県内宿泊及び産業観光推進事業助成金、スキーツアー商品造成事業助成金との同時利用は、認めない。

2.助成金の交付決定(決定しましたら、文書で通知します。)
・助成金の申請者は、旅行業登録をしている旅行事業者とします。
・募集型・受注型・手配型企画旅行の別は問いませんが、同一内容のものを複数回にわたって実施する場合は、そのうち1回のみを対象とします。
・全行程営業用貸切バス利用とし、全員全行程を同一行動とします。
・貸切バスは、富山県内に事業所を置くバス会社の営業用バスに限定します。
・日帰り(半日以外)・県内宿泊の別は問いませんが、同一市町村内で完結する旅行は対象としません。
・富山県内の産業観光施設については、「富山産業観光図鑑2022(2022年1月、富山県商工会議所連合会発行)」に掲載の施設等とします。

富山産業観光図鑑2022

お問い合わせ

公益社団法人とやま観光推進機構
TEL 076-441-7722、FAX 076-431-4193

富山県内宿泊及び産業観光推進事業助成について

富山県内宿泊及び産業観光推進事業助成

富山県の産業観光の活性化と推進に寄与するため、富山県内の宿泊施設と産業観光施設を組み入れた旅行商品造成を行う旅行事業者に対し、予算の範囲内で助成金を交付します。

助成金の交付対象

富山県内の宿泊施設と産業観光施設を1箇所以上組み入れた旅行商品造成にあたり、その造成を行う旅行事業者に対し、機構会長が認めたもの(仕入費用のうち貸切バス代)について、助成金を交付します。
※1 バス会社の指定は行いませんが、バス会社の営業用バスに限ります。
※2 同一市町村内で完結する旅行は対象となりません。
※3 富山県内における移動は全行程バス利用とする。
※4 助成は1企画につき1回のみ行います。
★助成金額算出のためのフローチャート表はこちら

助成金額

助成金は、次の表に掲げる区分に応じ、額の範囲内で交付します。
 

時期 バスサイズ 形態 助成額
通常期間 大型 募集型 4万円
受注・手配型 2万円
中型・小型 募集型 3万円
受注・手配型 1万円
冬期間(11月~2月) 大型 募集型 8万円
受注・手配型 4万円
中型・小型 募集型 6万円
受注・手配型 3万円
・1事業所(支店・営業所)等につき、年間5件まで対象とします。
・助成金額は、申請内容を総合的に勘案のうえ決定するものとします。

助成金申請から交付までの流れ

実施の1か月前までに申請してください。

1.事業実施にあたり交付申請書等を提出してください。
[提出書類]
・富山県内宿泊及び産業観光推進事業助成金交付申請書(様式第1号)
・事業計画書
・旅行日程表(申請書名のレターヘッドが入り、全行程記述のもの)
・バス会社予約請書面(請書金額、バスの種類が記入されたもの)
・「募集型企画旅行」の場合、旅行条件等を明示した募集チラシ
・機構が交付する「富山で産業観光見学!」誘致事業助成金、富山県内産業観光推進事業助成金、スキーツアー商品造成事業助成金との同時利用は認めない

2.助成金の交付決定(決定しましたら、文書で通知します。)
・助成金の申請者は、旅行業登録をしている旅行事業者とします。
・募集型・受注型・手配型企画旅行の別は問いませんが、同一内容のものを複数回にわたって実施する場合は、そのうち1回のみを対象とします。
・全行程営業用貸切バス利用とし、全員全行程を同一行動とします。
・貸切バスは、バス会社の営業用バスに限定します。
・同一市町村内で完結する旅行は対象としません。
・富山県内の産業観光施設については、「富山産業観光図鑑2022(2022年1月、富山県商工会議所連合会発行)」に掲載の施設等とします。
富山産業観光図鑑2022

お問い合わせ

公益社団法人とやま観光推進機構
TEL 076-441-7722、FAX 076-431-4193

「富山で産業観光見学!」誘致事業助成金(合宿関連助成)について

「富山で産業観光見学!」誘致事業助成金

富山県の産業観光の活性化及び推進に寄与するため、県内合宿等の際、県内の産業観光施設及び県内スキー場(宇奈月温泉スキー場、あわすのスキー場、立山山麓スキー場、牛岳温泉スキー場、となみ夢の平スキー場、IOX-AROSA、たいらスキー場、タカンボースキー場)を1箇所以上利用する大学等の学生・生徒で構成する部・クラブ等に対し、予算の範囲内で助成金を交付します。

助成金の交付対象となる県内合宿等
 

・県内で2泊以上すること。
・県内合宿等に参加した大学等の学生・生徒の県内宿泊人数が、50人泊以上であること。
助成金額等

・県内の産業観光施設等を1箇所以上利用した大学等の学生・生徒の実人数に500円を乗じて得た額とする。
 ※産業観光施設等とは、「富山産業観光図鑑2022(2022年1月、富山県商工会議所連合会発行)」及び「富山県産業観光ガイド(平成29年4月、富山県商工会連合会発刊)」に掲載の施設及び県内スキー場をいう。


富山産業観光図鑑2022
県内8スキー場

助成申請から実績報告までの流れ

実施の1箇月前までに申請してください。

1.事業実施にあたり交付申請書等を提出してください。
[提出書類]
・「富山で産業観光見学!」誘致事業助成金交付申請書(様式第1号)
・事業計画書
・申請者名のレターヘッドが入り、全日程を明記した県内合宿等日程表
・県内合宿等に参加する大学等の学生・生徒の名簿

2.助成金の交付決定(決定しましたら、文書で通知します。)
・同一の部・クラブ等が、同一の産業観光施設を複数回にわたって利用する場合、当該産業観光施設については年間1回までを交付対象とする。
・機構が交付する富山県内産業観光推進事業助成金との同時利用は、認めない。

3.助成事業完了後、速やかに、事業実績報告書等を提出してください。
[提出書類]
・「富山で産業観光見学!」誘致事業実績報告書(様式第2号)
・事業実施報告書
・助成申請者名のレターヘッドが入り、実際に実施した全日程を明記した県内合宿等日程表
・県内合宿等に参加した大学等の学生・生徒の名簿
・県内の産業観光施設を利用した大学等の学生・生徒の実人数が分かる集合記録写真
・「富山で産業観光見学!」誘致事業の実績を明らかにした資料

お問い合わせ

公益社団法人とやま観光推進機構
TEL 076-441-7722、FAX 076-431-4193

スキーツアー商品造成事業助成金について

事業助成

富山県のスキー場活性化と利用推進に寄与するため、県内スキー場(宇奈月温泉スキー場、あわすのスキー場、立山山麓スキー場、牛岳温泉スキー場、となみ夢の平スキー場、IOX-AROSA、たいらスキー場、タカンボースキー場)利用を組み入れた新規需要を掘り起こす旅行商品造成を行う旅行事業者に対し、予算の範囲内で助成金を交付します。
県内8スキー場

助成金の交付対象
富山県内で、当機構の会員であるスキー場を1箇所以上組み入れた旅行商品造成にあたり、その造成を行う旅行事業者に対し、機構会長が認めたもの(仕入費用のうち貸切バス代)について、助成金を交付します。
※1 バス会社の指定は行いませんが、バス会社の営業用バスに限ります。
※2 助成は1企画につき1回のみ行います。
※3 旅行会社が企画販売するツアー(募集型)や、大学生・社会人等、町内活動等で旅行会社に依頼する商品(受注型)に限ります。
※4 授業の一環としてのスキー利用(学校スキー、スキー学習)は対象外となります。

助成金額
助成金は、次の表に掲げる区分に応じ、額の範囲内で交付します。

バスサイズ 形態 助成額
大型 募集型 10万円
受注・手配型 6万円
中型・小型 募集型 8万円
受注・手配型 4万円

・1事業者(支店・営業所)等につき、年間5件まで対象とします。
・助成金額は、申請内容を総合的に勘案のうえ決定するものとします。

助成金申請から交付までの流れ
実施の1か月前までに申請してください。

1.事業実施にあたり交付申請書等を提出してください。
[提出書類]
・スキーツアー商品造成事業助成金交付申請書(様式第1号)
・事業計画書
・旅行日程表(申請者名のレターヘッドが入り、全行程記述のもの)
・バス会社予約請書面(請書金額、バスの種類が記入されたもの)
・「募集型企画旅行」の場合、旅行条件等を明示した募集チラシ
・機構が交付する「富山で産業観光見学!」誘致事業助成金、富山県内産業観光推進事業助成金、富山県内宿泊及び産業観光推進事業助成金との同時利用は、認めない。

2.助成金の交付決定(決定しましたら、文書で通知します。)
・助成金の申請書は、旅行事業者とします。
・募集型・受注型企画旅行の別は問いませんが、同一内容のものを複数回にわたって実施する場合は、そのうち1回のみを対象とします。
・全行程営業用貸切バス利用とし、全行程を同一行動とします。
・バス会社の指定は行いませんが、バス会社の営業用バスに限ります。
・日帰り(半日以外)、宿泊の別は問いません

3.助成事業完了後、速やかに、実績報告書等を提出してください。
[提出書類]
・スキーツアー商品造成事業実績報告書(様式第2号)
・事業実施報告書
・記録写真やスキーツアー商品造成事業の実績を明らかにする資料
・運輸機関(バス会社は、必須)における領収書の写し
・助成金の振込先

お問い合わせ

公益社団法人とやま観光推進機構
TEL 076-441-7722、FAX 076-431-4193