【うみとやま】とやまのお土産-1

とやまのお土産

旅から持ち帰るお土産は、思い出を色濃くする存在です。富山の景色や文化、味覚を伝える、かわいいおすすめの品をご紹介します。

スナック コメ子(ささら屋 福光本店)

216円 販売/ささら屋各店

富山銘菓しろえびせんべいと、昭和の雰囲気が漂うスナックを融合させた米菓。スナックというコンセプトから、おやつとしてだけでなくお酒と相性抜群の味付けがしてあります。パッケージに描かれているのは、スナックのママ・通称コメ子。お客さんに語りかけるような口調で、それぞれの味の魅力を伝えています。

宇奈月温泉 木管手ぬぐい(宇奈月芸術創造センター セレネ)

1,650円 販売/黒部市芸術創造センターセレネ

宇奈月温泉開湯100周年を記念して誕生した手ぬぐいは、民法で権利濫用の禁止の理論が確立されるきっかけとなった「宇奈月温泉木管事件」がモチーフ。温泉を引湯する木管や判決文がデザインされています。湯のまちを訪れたお土産にするのはもちろん、法律の教科書にも掲載されている有名な事件なので、プレゼントとしての話題性も十分です。


 

ダームクーヘン(THE KULOVE:ザ クロベ)

3,456円 販売/昌栄堂黒部店

『黒部ダム』の堰堤の形を模したお菓子。ふんわりとした食感のビスキュイ生地の間に、5年以上漬け込んだラムレーズンやベルギー産のホワイトチョコを使った濃厚クリームがサンドしてあります。黒部市の広告会社のクリエイティブ・ディレクター、中華料理店の店主、和菓子店の菓子職人がアイデアを出し合って誕生しました。


 

鮨蒲こまち(河内屋:かわちや)

194円 販売/河内屋直営店

創業70年を超す蒲鉾専門店で製造されている、魚介を飾ったひと口タイプの愛らしい蒲鉾。厳選した上質なすり身を主原料に、職人が丁寧に蒸し上げています。口に運ぶと、程よい弾力で風味豊か。お酒のおつまみにもおすすめなので、富山の地酒や地ビールと一緒に味わってほしい逸品です。甘えび、紅鮭、うに、穴子、鯛の全5種類。

 

この記事を見た人はこんな記事を見ています