【富山の絶景】立山連峰が一望できるスポット

  • 【富山の絶景】立山連峰が一望できるスポット-0

こんにちは!うまきちです。
今年も寒い季節がやってきましたね。
富山の冬と言えば、なんといっても冠雪した立山連峰!
立山連峰を眺めているだけで富山に住んでいてよかったと実感します。
今回は、そんな美しい立山連峰を一望できるスポットを紹介します!

立山連峰が美しく見える季節は?

立山連峰は例年、10月中旬頃に初冠雪が観測されます。
平野部から立山連峰が白くなったのをはっきり確認できるのは、大体11月下旬頃です。
5月頃までは冠雪した立山連峰を見ることができますが、春先は黄砂などの影響で大気が霞みやすくなります。
冠雪した美しい立山連峰を見るのに適した時期は、空気が澄んでいる11月下旬~3月頃です。ただし、春先でも雨が降った翌日などにきれいに見られることもあります。

立山連峰のおすすめの撮影方法

立山連峰の撮影方法は次のとおりです。
①立山連峰のパノラマ感を出したい場合→標準レンズで撮影

②立山連峰の迫力を出したい場合→望遠レンズで撮影
望遠レンズを使用すると圧縮効果で迫力のあるかっこいい写真が撮影できるので個人的には②がおすすめです。

「雨晴海岸」(高岡市)

まず、ご紹介するのは、定番中の定番スポット「雨晴海岸」です。
女岩(めいわ)越しの立山連峰は、全国的にも有名で、富山県に来たらぜひ訪れてほしいスポットです。
ここでは、望遠レンズを使用して女岩と剱岳を撮影するとSNS映えする写真が撮れます。
最寄りの「道の駅雨晴」では、地元の特産物などを販売しているお土産店やカフェがあるので、撮影後のひと休みにぜひ立ち寄ってください。

「虻ヶ島(あぶがしま)」(氷見市)

次に、氷見(ひみ)市の「虻ヶ島」をご紹介します。
虻ヶ島では、日の出も見ることができますが、天気がよくないと見ることができない、アーベントロートに染まる立山連峰をぜひ狙ってほしいです。
運よく立山連峰に雲が少しかかっているとより幻想的な写真を撮ることができます。

「唐島(からしま)」(氷見市)

続いて、同じく氷見市から「唐島」をご紹介します。
雨晴海岸では、条件が揃わないと気嵐が発生しづらいですが、唐島は、朝の冷え込みが強く、気温が下がれば、割と気嵐が発生しやすいので、気嵐を撮影されたい方は、こちらもおすすめします。
また、近隣に「ひみ番屋街」があり、富山の海の幸を味合うことができるので、こちらに立ち寄って昼食をとってみてはいかがでしょうか。
※地図の比美乃江公園周辺から撮影できます。

「新湊大橋」(射水市)

次に、射水市の「新湊大橋」をご紹介します。
奈呉の浦(なごのうら)大橋からの撮影がおすすめです。
望遠レンズを使用し、圧縮効果で撮影することで、新湊大橋のバックに雄大な剱岳を写すことができ、かなり迫力がでます。
橋の導線を上手く配置することで視線誘導の効果も得られます。構図を工夫すると面白い写真が撮れるかもしれません。

「海王丸パーク」(射水市)

続いて、同じく射水市から「海王丸パーク」をご紹介します。
ここからは海王丸と新湊大橋そして立山連峰のコラボを撮影することができます。
こちらでは立山連峰のパノラマ感を出した方が映えるので、標準レンズもしくは中望遠レンズでの撮影がおすすめです。(望遠レンズで撮ってももちろんかっこいいです。)
立山連峰以外にもいろんな写真が撮れるので、面白い構図を探してみてください。
私自身まだ撮影したことがありませんが、気嵐が発生することもあるようなので、ぜひチャレンジしてみてください。

「呉羽山公園展望台(くれはやまこうえんてんぼうだい)」(富山市)

次に富山市の「呉羽山公園展望台」をご紹介します。
こちらも立山連峰を撮影する定番中の定番スポットです。
日の出の時間帯や日中の立山連峰も美しいですが、日の入り直前~数十分後くらいの残照の立山連峰と富山市街の夜景を撮影するとおしゃれな写真が撮れます。

「滑川市民交流プラザ」(滑川市)

最後にご紹介するのは、滑川(なめりかわ)市の「滑川市民交流プラザ」です。
立山連峰を見られる場所としては、マイナーなため穴場スポットかと思います。
建物の展望フロアからは360度見渡すことができ、富山湾も一望することができます。
ここからは、滑川市の街並みと立山連峰を撮影できます。
街明かりとアーベントロートに染まる立山連峰を狙いたいので、おすすめの撮影時間帯は夕暮れ~日の入りまでです。
撮影後、浴場で冷えた体を温めていくのはいかがでしょうか。
※一般の方もいるため、三脚の使用等は施設のルール・マナーを順守してください。

これであなたも立山連峰の虜に!!

今回は、立山連峰を一望できるスポットについてご紹介しました。
一度見ると立山連峰の美しさに虜になってしまうので、ぜひ富山まで足を運んでいただけるとうれしいです。
私のInstagramでは、富山県で見られる絶景を投稿しておりますので、ぜひチェックしてみてください。
うまきちでした。

この記事に関するタグ

ランキング

#人気のタグ

テーマ

エリア

ライター紹介

ライター一覧を見る

同じテーマの記事

このライターの記事