観光スポット

白山宮本殿

はくさんぐうほんでん

富山県最古の木造建築は年に一度姿を見せる

  • 白山宮本殿|とやま観光ナビ 白山宮本殿の情報は富山県観光公式サイト「とやま観光ナビ」で。観光や体験、グルメ、お土産、イベントやお祭りなど、旅を楽しくする情報がいっぱい!
白山宮本殿写真
33年ごとに開帳されるという貴重なご神体
高い樹木に囲まれ神聖な空気に包まれた白山宮。
普段は公開されていませんが、秋のこきりこ祭りの時にだけ目にすることができる白山宮本殿は、富山県内最古の木造建築物です。本殿内には白山権現菊理媛命(はくさんごんげんきくりひめのみこと)が祀られており、33年ごとに開帳されます。
奈良時代初め、泰澄大師(たいちょうだいし)が人形山の山頂に建立したものを上梨白山宮に移築したとされており、その遺構は一間社流れ造り(いっけんしゃながれづくり)で、正面中央の「蟇股(かえるまた)」は一木を刻んだ室町時代中期の優れた作品です。
五箇山のほぼ中心に位置する白山宮
五箇山のほぼ中心に位置する白山宮
秋にはこきりこの舞が奉納されます
秋にはこきりこの舞が奉納されます
奥には今も残る茅葺屋根の本殿
奥には今も残る茅葺屋根の本殿

白山宮本殿

住所 〒939-1914
富山県南砺市上梨654
電話番号 0763-66-2468  (五箇山観光協会)
休業日 無休
料金 無料
アクセス ■JR城端線城端駅からバスで35分
■東海北陸自動車道五箇山ICから車で約10分
駐車場 約15台
駐車料金: 無料
備考 ■問い合わせ先:南砺市産業経済部観光課 0763-23-2019
地図データ ©2017 Google,ZENRIN
地図を印刷