越中方言 まいどはや えっちゅうほうげん まいどはや

越中人の思いやりを和菓子に表現

『まいどはや』は、越中富山のあいさつ言葉のひとつです。わずか5文字の短いことばの中に、「お元気ですか」「みなさんお変わりありませんか」といった相手への思いやりが込められています。そのあたたかな響きを表現した和菓子は、鶏卵、砂糖(和三盆糖と白双糖)、寒天というシンプルな材料で、マシュマロ風のふんわりした食感とやさしい甘さが特徴です。ゆず味とごま味の二種類の味わいが楽しめます。
■ふるさとの自然と伝統文化とともに。
1897年(明治30年)創業。富山銘菓「月世界」や「まいどはや」などで知られる「月世界本舗」は、全国的にも名の通った老舗菓子店です。素材をシンプルに生かし、菓子職人の丁寧な技とこころで創る和菓子は、どれも飾らず、ふるさとへの想いにあふれています。ふるさとの豊かな自然や伝統文化とともに、変わることのない本質を見極め、時代を超えて誰にも愛されるお菓子づくりを目指しています。

カテゴリー
銘菓・スイーツ

基本情報

住所 〒930-0057 富山県富山市上本町8-6
電話番号(備考) 076-421-2398(有限会社月世界本舗)
ホームページURL 公式サイト

イベント・観光施設が新型コロナウィルス感染症の影響で一時閉鎖・中止・延期になる場合がございます。
最新の情報につきましては、各公式ページでご確認ください。

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い鮨屋

次に読みたい特集記事