富山干柿 とやまほしがき

400年の歴史を持つ南砺の干柿

加賀三代藩主前田利常公が当地に鷹狩りに来られた折、一老爺が手製の干柿を差しあげたところ、大変賞賛されました。それ以来前田家では常に干柿を作ることを奨励され、南砺での干柿づくりも盛んになったと伝えられています。
かつて、富山干柿の自然の甘さを引き出したのは、「医王おろし」。医王山から吹き降ろす西風、「医王おろし」が渋柿の渋みを抜き、甘みを引き出しました。現在は栽培から乾燥方法まで研究を重ね、昔ながらの味を多くの人に提供しています。

■ここが「こだわり」!
干柿の乾燥の際に「手もみ」という作業を行います。「手もみ」を行うことにより、柿の水分や糖分を均一に行き渡らせます。この作業は昔も今も変わらず、手作業で行っています。

カテゴリー
食品

基本情報

住所 富山県
電話番号(備考) 076-444-7137(ととやま)

イベント・観光施設が新型コロナウィルス感染症の影響で一時閉鎖・中止・延期になる場合がございます。
最新の情報につきましては、各公式ページでご確認ください。

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い鮨屋

次に読みたい特集記事