薄氷 うすごおり

富山県産新大正米の薄焼き煎餅に上質な和三盆糖

冬の北陸。雪が消えかかる如月、弥生の寒い夜は水溜りや水田に‘薄氷‘が張ります。その美しい姿をお菓子に映し、五郎丸屋八左ェ門が『薄氷』(うすごおり)を創製したのは宝暦2年(1752年)。以来、その秘法を伝え、藩政時代には禁衷や加賀藩主前田公より幕府に献上され、明治以降宮内省の御用をはじめ、茶道界などから過去の推賞を得てきました。熟練された職人の手によって一枚一枚丁寧に作り出される薄氷は、美しい氷の結晶。日本のわび、さびを伝える伝統の味わいです。
張り詰めた氷に想を得た繊細な干菓子、「薄氷」。
■ここが「こだわり」!
富山特産の新大正米を使用し、精製した薄い真煎餅に、阿波特産の高級和三盆糖を独特の製法で塗布しています。口の中に入れると薄氷が溶ける様にスッと溶け、後に和三盆糖の独特の風味が残ります。

カテゴリー
食品

基本情報

住所 富山県
電話番号(備考) 076-444-7137(ととやま)

イベント・観光施設が新型コロナウィルス感染症の影響で一時閉鎖・中止・延期になる場合がございます。
最新の情報につきましては、各公式ページでご確認ください。

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い鮨屋

次に読みたい特集記事