イベント

愛本姫社まつり

あいもとひめしゃまつり

ゴッホが模写した浮世絵「花魁」の御開帳

  • 愛本姫社まつり|とやま観光ナビ 愛本姫社まつりの情報は富山県観光公式サイト「とやま観光ナビ」で。観光や体験、グルメ、お土産、イベントやお祭りなど、旅を楽しくする情報がいっぱい!
愛本姫社まつり写真
お光の婚礼を再現し伝説を現代に蘇らせる
黒部川に住む大蛇のもとに嫁いだ美しい娘、お光の伝説を再現したお祭りです。愛本姫社は黒部川にかかる愛本橋の下立地区にある神社で、江戸期の浮世絵師池田英泉の書いた「花魁(おいらん)」をご神体としています。この浮世絵はゴッホが模写したということでも世界中で有名であり、毎年のこのお祭り時のみ拝むことができる貴重なものです。お祭りでは伝説に基づいて、大蛇やお光の仮装行列や大蛇の化身の青年とお光の婚礼が行われます。また、お光が伝えたとされる「ちまき」の販売もあり毎年大人気で、富山の祭り100選にも選ばれています。
煙幕をあげ街へ降りていく
煙幕をあげ街へ降りていく
地元民も集まり町内を練り歩く
地元民も集まり町内を練り歩く
露店も出店し町をあげてお祭り!
露店も出店し町をあげてお祭り!

愛本姫社まつり

開催期間 毎年6月21日
会場名 愛本姫社
住所 〒938-0861
富山県黒部市宇奈月町下立1区
電話番号 0765-65-2091  (黒部市商工観光課)
アクセス ■北陸自動車道黒部ICから車で約15分
■富山地方鉄道愛本駅から徒歩15分
地図データ ©2017 Google,ZENRIN
地図を印刷