観光スポット

放生津八幡宮

ほうじょうづはちまんぐう

奈呉の浦を愛した大伴家持が勧請した八幡宮

  • 放生津八幡宮|とやま観光ナビ 放生津八幡宮の情報は富山県観光公式サイト「とやま観光ナビ」で。観光や体験、グルメ、お土産、イベントやお祭りなど、旅を楽しくする情報がいっぱい!
放生津八幡宮写真
参拝者が絶えない放生津八幡宮
放生津八幡宮は、大伴宿祢家持が越中の国司として赴任した際、奈古之浦の風光明媚な景色を常に愛せられ、豊前の国(現在の北九州から大分北部)から宇佐八幡神を勧請して、奈呉八幡宮と称されたのが創始であると言われています。祭神は「応神天皇」で、「仁徳天皇」が配祀され、今も地方の総社としてあがめられており、参拝者が絶えません。また、境内には大伴家持碑「あゆの風いたく吹くらし奈呉の海人の釣りする小舟こぎ隠るみゆ」と芭蕉句碑「早稲の香や分け入る右は有磯海」が建っています。ぜひ、参拝に訪れてみてください。
狛犬が堂々と構えています
狛犬が堂々と構えています
手水舎で身を浄めよう
手水舎で身を浄めよう
案内板
案内板

放生津八幡宮

住所 〒934-0025
富山県射水市八幡町2-2-27
電話番号 0766-84-3449
営業時間 9:00~16:00
休業日 無休
料金 無料
アクセス ■万葉線東新湊駅から徒歩で約10分
■北陸自動車道小杉ICから車で約25分
駐車場 約30台
駐車料金: 無料
公式URL http://www.manabi-takaoka.jp/03/jpn/map/02_12.html
備考 ■観光ボランティア: あゆの風 (社)射水市観光協会
地図データ ©2017 Google,ZENRIN
地図を印刷