国宝 高岡山瑞龍寺 こくほうたかおかさんずいりゅうじ

国宝瑞龍寺で江戸時代にタイムスリップ!

前へ 次へ
壮大な伽藍配置様式の豪壮にして典雅な美しさに圧倒される、加賀藩百二十万石の財力を如実に示す建造物です。高岡の開祖、加賀前田家2代当主前田利長の菩提寺であり、曹洞宗の名刹です。3代当主前田利常の建立で、1997年に山門、仏殿、法堂が建造物として国宝に指定されています。また総門、禅堂、大庫裏、大茶堂、回廊三棟が重要文化財として指定されており、江戸初期の禅宗寺院建築として高く評価されています。国宝瑞龍寺の素晴らしさを堪能しましょう。
住所 〒933-0863
富山県高岡市関本町35 MAP
電話番号 0766-22-0179 Phone
営業時間 9:00~16:30
料金 大人500円、中高生200円、小学生100円、(団体・30名以上は大人400円、中高生150円、小学生70円)
アクセス ■あいの風とやま鉄道「高岡駅」から徒歩10分
■JR「新高岡駅」から徒歩15分
■能越自動車道高岡ICから車で10分
駐車場 普通車約100台、バス13台
駐車料金: 無料
(詳細は0766-22-0179へ)
公式URL 詳細を見るWeb

このスポットの周辺情報