城端曳山祭 じょうはなひきやままつり

美しい伝統が生き続ける街のお祭りへ

ユネスコ無形文化遺産に登録されている、「城端曳山祭」。
毎年5月5日に行われている、300年の伝統を誇るお祭りです。
職人の集大成とも言える、繊細な彫りと塗りが施された山車の豪華さは圧巻。御神像を乗せた6台の山車と、獅子舞や神輿などが街中を練り歩きます。こうした古い神迎え行列をとる形式は、県内でここだけ。
京都祇園の一力茶屋などを模した精巧な「庵屋台」がそれぞれの山車を先導し、その中では、笛、三味線の音色にのせて 江戸端唄の流れをくむ城端独特の「庵唄」が唄われます。

城端エリアは、「越中の小京都」とも呼ばれ、目に飛び込む豪華絢爛な山、そして優調な庵の音、美しい城端の祭りは見る人の心を魅了します。
夕刻からは提灯山となり、日中とは違う風情を楽しめるのも魅力です。

エリア
砺波・五箇山
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所 〒939-1864 富山県南砺市城端
電話番号(備考) 0763-62-2165(城端曳山会館)
FAX番号(備考) 0763-62-2180
駐車場 約1,000台(城端各所)
駐車料金: 無料
アクセス ■東海北陸自動車道福光ICから車で約3分
■JR城端線城端駅から徒歩約10分

イベント

開催期間(テキスト) 毎年5月4日~5日
開催時間 5月4日(宵祭)18:00~22:00
5月5日(本祭)9:00~22:30
会場名 城端全域

イベント・観光施設が新型コロナウィルス感染症の影響で一時閉鎖・中止・延期になる場合がございます。
最新の情報につきましては、各公式ページでご確認ください。

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い鮨屋

次に読みたい特集記事