観光スポット

大境洞窟住居跡

おおさかいどうくつじゅうきょあと

縄文時代から続く6層の住居跡

  • 大境洞窟住居跡|とやま観光ナビ 大境洞窟住居跡の情報は富山県観光公式サイト「とやま観光ナビ」で。観光や体験、グルメ、お土産、イベントやお祭りなど、旅を楽しくする情報がいっぱい!
大境洞窟住居跡写真
大境洞窟住居跡
日本で初めて調査された洞窟遺跡。波浪の浸食により形成された自然洞窟と言われ、1918年に縄文時代から続く6層の住宅跡が発見されました。多数の土器や石器が出土し、弥生時代を中心に20体以上の人骨も発見されています。この発掘によって、縄文文化と弥生文化の新旧が明らかになったほか、弥生人骨の発見で、弥生期の抜歯の風習や顔面装飾(頭骨に赤い塗料のついたもの)に注目が集まりました。国指定史跡となっています。
洞窟内の白山社
洞窟内の白山社
洞窟入口の白山社
洞窟入口の白山社
大境洞窟案内図
大境洞窟案内図

大境洞窟住居跡

住所 〒935-0412
富山県氷見市大境駒首
電話番号 0766-74-8106  (氷見市観光・マーケティング・おもてなしブランド課)
休業日 なし
料金 無料
アクセス ■あいの風とやま鉄道高岡駅から加越能バス脇行きで1時間後大境バス停から徒歩3分
駐車場 50台
駐車料金: 無料
公式URL http://www.kitokitohimi.com/tourism-guide/history/ozakai.html
地図を印刷

クチコミを参考にする

この観光スポットのクチコミを見る