滑川のネブタ流し なめりかわのねぶたながし

海上をうごめく火がついた大きなネブタは圧巻

毎年7月31日に滑川市の中川原海岸(ほたるいかミュージアム周辺)で行われている民俗行事で、国指定重要無形民俗文化財にも指定されています。「ネブタ」と呼ばれるたいまつ状のものを木で組んだやぐらに立て、町内を練り歩いた後、浜で火をつけて中川原の海岸から一斉に会場へ流します。これには労働の意欲を妨げる眠気や病気、穢れを託して、海に流し去ろうという願いがこめられており、人々の無病息災を祈願する禊ぎの行事であるといわれています。このネブタの行事としては日本海側の南限であり1999年に国の重要無形民俗文化財に指定されています。

エリア
黒部・宇奈月
カテゴリー
イベント

基本情報

住所 〒936-0021 富山県滑川市中川原410(ほたるいかミュージアム)
電話番号(備考) 076-475-2111(滑川市教育委員会生涯学習課)
駐車場 100台(ほたるいかミュージアム)駐車料金: 無料 
アクセス ■北陸自動車道滑川ICから車で約10分■あいの風とやま鉄道滑川駅・富山地方鉄道滑川駅から徒歩8分

イベント

開催期間(テキスト) 毎年7月31日
開催時間 18時頃

イベント・観光施設が新型コロナウィルス感染症の影響で一時閉鎖・中止・延期になる場合がございます。
最新の情報につきましては、各公式ページでご確認ください。

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い鮨屋

次に読みたい特集記事